NEW 掲載日:2019/02/07 求人No.W03711

  • 求人概要

しゃかいふくしほうじん せいれいかい せいれいびょういん

社会福祉法人 聖霊会 聖霊病院

消化器内科および緩和ケア、一般内科をそれぞれ募集しております。

募集科目
  • 内科
  • 消化器内科
  • 緩和ケア科
  • 社会福祉法人 聖霊会 聖霊病院
  • 社会福祉法人 聖霊会 聖霊病院
  • 社会福祉法人 聖霊会 聖霊病院
  • 社会福祉法人 聖霊会 聖霊病院
  • 社会福祉法人 聖霊会 聖霊病院

東海エリア唯一のカトリック病院として、70年の歴史を持つ病院です。
総病床数198床を構え、二次救急を中心とする救急医療・急性期から回復期まで、そして周産期医療から緩和ケアまで、様々な医療ニーズに応えています。
特定の専門領域のみでなく多角的な診療を行いたい先生、
高度急性期や救急医療の現場から少し距離を置き全人的な医療を行いたい先生、
育児や家庭と両立して働きたい先生、当院をお選びください。

勤務地
愛知県 名古屋市昭和区
病床数
198床(一般:198床)
(緩和ケア病棟15床 / 地域包括ケア病棟34床 / NICU6床 / GCU12床)
年俸
※年俸は、経験・能力に応じて考慮します。
  • 高額求人病棟管理含む
  • 高額求人臨床研修指定病院
  • 高額求人民間病院
  • 高額求人退職金制度有り
  • 高額求人子育て環境良い
  • 高額求人託児所有り
  • 高額求人女性医師優遇
  • 高額求人電子カルテ
応募・お問い合わせはこちら
  • 求人情報
  • 基本情報
  • アクセス

dummy

求めるドクター像 【消化器内科】
今後は近隣の名古屋第二赤十字病院との連携を深めたいと考えております。
患者ばかりでなく医療者同士のコミュニケーション能力が重要なポイントとなります。
【緩和ケア科】
緩和ケアの経験年数は問わないが、専従、あるいはそれに近い働き方ができる人材を求めている。
【一般内科】
中小病院の勤務医は専門性とホスピタリストの混在する存在。
内科医は専門分野よりも総合内科的疾患に対応し、他科患者の合併症や併存疾患サポートするという意味で、縦糸に対する横糸的な存在。
従って医師間コミュニケーション能力が要求される。
募集科目 内科、消化器内科、緩和ケア科
役職待遇 経験・能力に応じて考慮させていただきます。
資格 専門医
資格を問わない
【消化器内科】できれば専門医が望ましい(肝胆道系歓迎)/【緩和ケア科】緩和ケア講習会修了資格/【一般内科】資格を問わない
求人数 各1名
経験年数 問わない
その他 【消化器内科】
消化器内科的疾患ばかりではなく一般内科、高齢者診療もお願いしています。
【緩和ケア科】
実際の働き方は本人のキャリアプランに合わせて相談に応じます。
【一般内科】
地域包括ケア病棟(34床)を主として担当する医師として働くこともできます。

勤務形態

勤務時間 【日勤】
月曜日~金曜日:始業8時30分~終業17時00分(うち休憩60分)
第2・4土曜日:始業8時30分~終業12時30分(うち休憩0分)
【当直(消化器内科・一般内科)】
平日:17時00分~翌8時30分
第2・4土曜日:12時30分~翌8時30分
第1・3・5土曜日:8時30分~翌8時30分
日曜日・祝日
※緩和ケア科:当直なし。オンコール対応のみ。
業務内容 ※できればフルタイムを希望するが、週4-5日、日勤のみという勤務も相談可能です。
【消化器内科】
主に外来診療・病棟管理・内視鏡検査をお願いいたします。
≪業務≫外来診療と病棟管理および内視鏡検査。
       救急業務は忙しくありません。
≪対応数≫外来:1.5~2コマ/週(1コマ15名程度)
        病棟:主治医制 5-8症程度
        内視鏡:49件/月
【緩和ケア科】
緩和ケア外来診療・緩和ケア病棟をお願いいたします。
≪業務≫外来診療・病棟管理のみ
≪対応数≫1~2コマ/週(1コマ2~3名程度)
        病棟:7-10名(緩和ケア病棟他)
【一般内科】
主に外来診療・病棟管理をお願いいたします。
内科救急は時間内は当番制、夜間は管理当直が担当するが、
内科系疾患への相談に応じられるよう当番に加わることもできる。
≪対応数≫外来:2コマ/週(1コマ15~20名程度)
        病棟:5-8床(地域包括ケア病棟の場合は多い)
仕事の醍醐味 【消化器内科】
二次救急を行っており消化器疾患は多い。
地域連携に力を注いでいるので高度重症患者の高次病院への転送はスムーズ。
日常診療は at homeな感じで他の内科医と助け合いながら自身の時間を大切にすることができます。
【緩和ケア科】
緩和ケア病棟を持つ病院は少ない。照会症例は多く、癌腫も様々である。
緩和ケアスキル面ばかりでなく人間力が試される現場とも言える。
カトリック施設という特殊性やボランティアの多さもあって、唯一無二の存在感を感じることができる。
【一般内科】
中小病院だからわかる高齢者医療の現場、ケアの実際。
規模が小さいゆえに実践できる患者さんやスタッフとのコミュニケーション。
仕事の厳しさ 【消化器内科】
消化器内科医が少人数のため負担が大きい時がある。
高齢の患者が多いことに驚くかもしれない。これが高齢化が進む医療現場。
【緩和ケア科】
多死社会の現実に直面。
夜間当直 【消化器内科・一般内科】月2~3回 ※当直の可否は相談可
【緩和ケア科】無
当直体制:【消化器内科・一般内科】管理当直1名
給与等 ※年俸は、経験・能力に応じて考慮します。
賞与:有
歩合:無
昇給:有
査定:無
退職金:有
試用期間:無
【消化器内科・一般内科】夜間当直料は年棒に含む
【緩和ケア科】夜間当直料は年棒に含まない
宿舎の提供 有(有償)
全額
休日 日曜日
祝祭日
その他 第1・3・5土曜日休み、第2・4土曜日半日休み
休暇 年末年始 5日
夏季休暇 3日
年次有給休暇 (初年度は入職後半年勤務後に付与)10日
その他
宗教上の休み(8/15、12/25)
研究日(研修) 無 相談に応じます
学会出席/出席費用 学会出席:可能 出張扱い 年2回まで
出席費用:支給
赴任手当(引越費用等) 無 

dummy

★2009年に全面改築を終えたきれいな病院です!
【専門医の資格取得も目指せます】
当院の内科は認定施設に指定されておりますので、専門医の取得を目指している先生におすすめです。
また、救急から終末期医療まで幅広く対応していますので、興味に合わせて経験が積めます。
【女性医師の活躍を応援】
産休・育休はもちろんのこと、子育て中の方にはデイタイムのみの勤務や当直の免除も相談可能です。
院内には24時間対応の保育室も完備していますので、子育て中の方も安心して働くことができます。
【アクセス良好】
地下鉄鶴舞線「いりなか駅」より徒歩3分の好立地。通勤に大変便利です。
理事長名 森山 勝文(もりやま かつふみ) 出身大学名 南山大学
院長名 森下 剛久(もりした よしひさ) 出身大学名 名古屋大学
理念・方針など 【理念】
地域医療を通して、キリストの愛をもって人びとに奉仕します。
【基本方針】
・患者さん中心の思いやりのある医療を行います。
・人権尊重に基づいて患者さんの価値観に配慮した全人的医療に努めます。
・医療人として資質向上に努め、良質で安全な医療を実践し、信頼される病院をめざします。
・地域医療連携を推進し、地域の方々の医療と福祉の向上に貢献します。
・カトリック医療施設として、いのちの始まりと終わりを大切にします。
経営体系 社会福祉法人
設立年月日 1945年10月
病床数 198床(一般:198床)
(緩和ケア病棟15床 / 地域包括ケア病棟34床 / NICU6床 / GCU12床)
診療科目 内科、消化器内科、循環器内科、血液内科、神経内科、外科、消化器外科、脳神経外科、整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、乳腺外科、泌尿器科、麻酔科、小児科、精神科、放射線科、リハビリテーション科、健診・検診・人間ドック、緩和ケア内科、緩和ケア外科、歯科口腔外科
看護基準等 7:1
認定施設 日本内科学会 認定医制度審議会認定医制度教育関連病院
日本血液学会 血液研修施設
日本小児科学会 小児科専門医研修施設認定
日本アレルギー学会 専門医教育研修施設
日本整形外科学会 研修施設
日本皮膚科学会 認定専門医研修施設
日本泌尿器科学会 専門医教育施設
日本産婦人科学会 専門研修連携施設指定
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(新生児)の暫定認定施設(補完認定施設)
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)の暫定指定認定(研修)施設
日本眼科学会 専門医制度研修施設認定
日本口腔外科学会 専門医制度准研修施設
日本麻酔科学会 認定病院(研修施設)
日本臨床細胞学会 施設認定
日本病理学会 研修登録施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
マンモグラフィ検診施設画像認定
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士認定規則 実施修練認定教育施設
日本静脈経腸栄養学会 NST(栄養サポートチーム)稼働施設認定
地域周産期母子医療センター施設認定
エイズ治療協力医療機関指定
NCD(National Clinical Database)施設会員登録
医療設備 新生児特定集中治療室(NICU) / ECGモニター / SpO2モニター / 長時間血圧記録装置 /
新生児モニタリングシステム / 人工呼吸器 / 上部消化管ファイバー(電子スコープ) /
超音波診断装置 / 一般診断用X線装置(CR) / 透視撮影装置 / マンモグラフィ /
歯科口腔用X線装置 / 1.5T MRI(TOSHIBA Vantage) / 80列マルチスライスCT(TOSHIBA Aquilion CX) / 血管造影撮影装置 他
救急指定
2次
医師数 常勤:31名
非常勤:44名
職員数 418名
看護師:179名
療法士:21名
放射線技師:8名
検査技師:13名
薬剤師:10名
栄養士:3名
事務員:54名
その他:55名
外来患者数 91,768人(2018年平均:7,647人)
手術数 1,085件(2018年) 整形外科597件 、 産婦人科186件 、 眼科97件 、 外科77件 他
症例数 内視鏡検査件数:1,490件 GIF 1,108件 、 CF 362件 、 ERCP 20件
関連施設 老人保健施設サンタマリア
聖霊居宅介護支援事業所
サンタマリア訪問リハビリテーション
金沢聖霊総合病院
関連大学 名古屋大学 、 名古屋市立大学 、 愛知医科大学
後方支援病院 リハビリテーション施設 、 老人保健施設 、 療養型病院
処方箋 院外
聖霊病院の風土 病院機能として急性期から回復期まで、誕生から最終段階まで(多機能)。
医師の働き方の多様性を受け入れる。特に女性医師の採用を積極的に行っている。
トップダウンではなくガバナンスの強化、すなわち、職員の和
(公正、透明性、安全性に基づき、一般常識的あるいは倫理的な考え方にて、自分たちで民主的に決める)を重視している。
時代の変化に柔軟に対応できる、変幻自在な医療機関を目指す。
要になるのは病院総合医(ホスピタリスト)の育成、看護と介護の協働できる職場環境の構築。
聖霊病院の機能 3つの大規模病院の中心にあって急性期後期・回復期の患者さんを受け入れ、
住み慣れた環境での生活に戻す、中間的・仲介的役割を担う地域密着型病院。
周辺地域にある程度の急性期患者を含む幅広い病期の患者さん、
特に様々な合併症・併存疾患を有する高齢の患者さんを診ることができる病院は少ない。
周産期も周辺の医療機関の補完的役割を担う。病院の平均在院日数は11日前後と中小病院としては短い。
URL http://www.seirei-hospital.org/
所在地 愛知県 名古屋市昭和区 川名山町56番地
交通手段 名古屋市鶴舞線 いりなか駅より 徒歩3分
応募・お問い合わせはこちら

この求人に関連する求人