「赤ひげ大賞」ドクター 白石吉彦

地域・僻地医療の最前線、島根県隠岐諸島の有人4島のうち、島前と呼ばれる西ノ島、中ノ島、知夫里島の地域医療支援ブロック制の拠点となる「隠岐広域連合立 隠岐島前病院」に、院長として13年以上勤務。
16年前に縁もゆかりもないこの地で勤務を開始した白石吉彦先生と奥様裕子先生の、地域に根ざし、地域をまきこんだ医療、充実した離島ライフ!

白石吉彦

プロフィール

隠岐広域連合立隠岐島前病院院長。
昭和41年 徳島県生まれ。48歳。
平成4年 自治医科大学卒業。
徳島大医学部付属病院、国民健康保険相生診療所(徳島県)などの勤務を経て、平成10年から島前町村組合立島前診療所(現・隠岐島前病院)に。
平成13年から院長を務める。