Hospitalinfo

バックナンバーはコチラ

239

求人票はコチラ

人間を救うのは、人間だ。

病院の特色

 

 清水赤十字病院は北海道・十勝の広大な土地の西十勝地域にある人口9,300人程度の町で、地域に根差した医療の提供・信頼される病院作りに努めており、良質な医療の提供はもとより「地域包括ケアシステム」の実現に向けて在宅医療の推進など地元の方々と様々な連携を進めております。

 住民の方々が住み慣れた町で長く暮らしていけるよう地域社会に貢献できる病院を目指しております。

 

 そのために診療ではレーザー光内視鏡検査機器を北海道の道東地域でいち早く導入。すい臓・胆のう・胆管がんの早期発見有効な超音波内視鏡検査機器をはじめ、小腸用と大腸用のカプセル内視鏡も導入し、消化器がんの早期発見・治療による治癒率の向上に努めております。また、地域唯一の透析医療機関として2019年11月からは夜間透析(月2回)を開始し、仕事と両立した医療提供体制の強化を図っています。

 「地域貢献面では、例年5月に赤十字強化月間を図るため“赤十字フェスティバル”を開催し、赤十字業をテーマとした公開講座の開催に努める一方で、医師や看護師が講師となり医療や生活面等の講演会も随時開催し地域の健康管理者として使命を果たしています。
 

2020.11.01 掲載 (C)LinkStaff

バックナンバーはコチラ