医師の仕事・働き方・キャリアプランについて

#85 医師の転職にも業界研究は必要?

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

医師が転職する際にも業界研究は必要です。製薬業界への転職など業界自体を変える時はもちろん、転科や他院への転職でも業界研究が役立ちます。ここでは医師の転職のメリット・デメリットや業界研究の必要性をまとめます。

医師の転職にも業界研究は必要?

医師が転職するメリットとデメリット

医師が転職するメリットは、転科せずに勤務先を変えるだけの場合、人間関係や労働環境が改善される可能性があるということです。デメリットは、人生が大きく変わりはしないことといえます。ある程度は変わりますが、転科する人や他の業界に転職する人に比べたら大きな変化はないでしょう。しかし、リスクが小さいという点では変化が小さいことはメリットでもあります。
転科をする場合は、医師としての視野が広がることがメリットです。転身する科によっては労働環境や待遇が改善されるというメリットもあります。デメリットは新しい知識やスキルを修得する負担があることや、逆に待遇が悪くなるリスクもあるなどの点です。
製薬業界など類似の業界に転職する場合は、仕事内容・待遇などすべての面で人生が大きく変わることがメリットです。一方、これは逆にすべてが大きく悪化する可能性もあるので、デメリットでもあります。他業界に転職する場合は、相当入念な準備をするべきでしょう。

業界研究でわかる!求められるスキル

業界研究をすると、現代の医療業界でどのようなスキルが求められているかがわかります。たとえば多くの医師が持っていないスキルで業界全体から必要とされているものにマネジメントのスキルがあります。看護師・研修医・部下の医師などが個々の能力を最大限発揮できるように環境を整える力です。医療業界は激務が問題化することがありますが、患者の健康を守りながら医師の待遇も改善するためにはトップのマネジメント能力が必要です。病院内部の人間関係を改善することにも、マネジメント能力が必要になります。医療業界の研究をすればするほど、マネジメントのスキルを持っている医師が必要とされていることを実感するでしょう。
他に需要が伸びているのは産業医です。国の働き方改革によって多くの企業が労働環境の改善を重視し始めたことが背景にあります。産業医の仕事は企業の労働環境をチェックし改善を促すことです。この仕事を高いレベルで行うためには、心療内科・眼科・耳鼻科など多くの科の知識を持つ必要があります。医療業界全体の研究をしてそれぞれの科でどのような流れが起きているかを知っておくことは産業医に転職する際にもプラスになるでしょう。
皮膚科医なら美容皮膚科への転職も考えられます。皮膚科と美容皮膚科の業務はかなり異なるので、転職をするかしないかを決めるためにも業界研究が必要になるでしょう。それぞれの業界の研究は医師としての知見を深めることにつながるので、皮膚科・美容皮膚科のどちらに進んでもプラスになります。
他の分野では歯科医の転職も業界研究が必須です。これまでの治療歯科から予防歯科に関心を持つ患者が増えており、今後もこの傾向は続くとみられます。その変化がどのくらいのスピードで進行するか予測するためにも歯科医師は特に業界研究が欠かせないでしょう。

業界の傾向を知れば失敗しない?将来を左右する転職のタイミング

医療業界あるいは他業界の傾向を知れば転職はさらに成功しやすくなります。転職を成功させるために重要な要素の1つはタイミングですが、タイミングは年齢だけで決まるものではありません。転職の内容によって「このスキルが必要」「この実務経験がなければいけない」などの条件があるでしょう。その条件は何か、満たすためにどのくらいの時間がかかるかなどを考える必要があります。こうした情報収集をして初めて、自分にとって実現性の高い転職のタイミングがわかるのです。ベストのタイミングで転職できるかどうかは自身の一生を左右する問題です。そのタイミングを見極めるためにも、ぜひ業界研究をしっかりするようにしてください。

2022.6.20 更新
キャリアについて、プロに相談する