医師の仕事・働き方・キャリアプランについて

#48 開業医の平均年収はどれくらい?診療科でも違いが!

一般的に医師の年収は他産業に比べ高いといわれています。そして、そんな医師の中でも突出して高い年収を得ているのが開業医です。それでは実際のところ、開業医はどれくらいの年収があるのでしょうか。お金に関する開業医の実情について紹介します。

開業医の平均年収はどれくらい?診療科でも違いが!

開業医と勤務医の年収は?どっちが効率良く稼げる?

厚生労働省の医療経済実態調査(平成21年実施)によると、病院に雇われている勤務医の平均年収は1479万円です。それに対して開業医の平均年収は、法人の場合は2530万円、個人の場合でも2458万円となっています。単純に計算すると、開業医は勤務医の約1.7倍もの収入を得ていることになります。そのため収入だけを考えるならば開業医の方が良いでしょう。
ただし注意しなければならないことがあります。それは勤務医と開業医では働き方が根本的に異なる点です。勤務医の仕事は基本的には医療だけであり、病院から毎月確実に給料が振り込まれますが、開業医は医療だけでなく、病院経営も行わなければならず、リスクがあります。
確実に稼ぐなら勤務医の方が優れており、より多くを稼ぐなら開業医が優れています。結局のところ、自分がどのような働き方をして稼ぎたいのかによって稼ぎやすさの度合いは異なります。

どの診療科で開業するのがいいの?

開業医と一言でいってもさまざまな科目があり、また科目によって年収も大きく異なります。最も平均年収が高い科目は美容整形外科で、約8000万円です。中には1億以上稼ぐ開業医もいます。1回あたりの治療費用が高いというのもありますが、リピーターが付きやすい科目でもあるため、継続的に稼ぐことが可能です。
2番目に高いのは美容皮膚科、平均年収は約2600万円です。美容皮膚科は美容整形外科に比べると年収は劣りますが、こちらもリピーターが多いため収入は高めです。
3番目は精神科、平均年収は約2000万円です。精神科の場合は、需要が高まっていることや、継続的な治療が必要であることなどから、収入は多くなる傾向があります。

稼げない開業医はいるの?年収を安定させる方法とは?

開業医の平均年収は約2500万円と高額であるため、病院を開業した瞬間に大金が手に入ると考える人は少なくありません。
しかし実際には黒字経営をしている開業医は3割程度です。逆にいえば、7割は赤字経営をしているということであり、稼げていない開業医の方が圧倒的に多いです。開業医の平均年収はあくまでも平均であり、一部の成功者が平均値を引き上げているだけであることに注意しなければなりません。
なぜこのようなことになってしまうのでしょうか。結論からいうと経営に慣れていない開業医が多いからです。開業医は医師であると同時に経営者でもあります。そのため、学術的に優れた成果を持っていたとしても、経営ノウハウがないのであれば失敗する可能性は高いです。年収を安定させるためには、たとえ病院であったとしても、開業する場所をしっかりと分析したり、広告宣伝を出したりなど、利益を出すための工夫をしなければなりません。

リスクマネジメントを整えてから開業しましょう!

開業医は勤務医よりも多く稼げるのは事実ですが、同時にリスクがあることも忘れてはなりません。しかし、どのように対処していくのかをあらかじめ考えておけば、リスクは軽減することが可能です。そのためにも、リスクマネジメントを整えておくことが大切です。リスクマネジメントと聞くと難しそうな印象を抱く人は少なくありませんが、それほど難しいものではありません。
簡単にできることとしては、経験者から話を聞くことです。世の中には開業医として既に成功している人がたくさんいます。そういった人たちに、どんな失敗をしてどのように対処したのか、また何をして成功したのかを聞き出します。先人たちのアドバイスを聞き、実践すれば、失敗する可能性は小さくすることが可能です。開業医になるのは簡単なことではありませんが、医学と同じように勉強を積み重ねれば、経営に関しても優れた知識を身に付けられることでしょう。