医師の仕事・働き方・キャリアプランについて

#33 後悔しないように!医師の転職を成功に導く方法

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

医師の仕事にやりがいを感じている、けれども今の職場は不満。そんなときは転職を考えてみてはいかがでしょうか。ここでは医師の転職を成功に導く方法を紹介していきます。後悔のない転職をすることで、理想の労働環境を手に入れましょう。

後悔しないように!医師の転職を成功に導く方法

知人の紹介など… 自分で探す方法

医師が転職するための手段はいくつかあります。その1つが知人の紹介など、自分で転職先を探す方法です。大学時代、研修医時代の友人や恩師などの紹介で転職先を探すことができるでしょう。
自分で探すことのメリットは小さな診療所などへの勤務が可能となる点です。個人クリニックなどでは転職サイトで求人を募集していないケースも多々あります。
地域に密着した診療所で、アットホームな雰囲気の中働きたい人は知人の紹介で転職先を探すことがおすすめです。ただしデメリットとして、労働時間や年収などの交渉を自分自身で行わなければならない点が挙げられます。もちろん好待遇で働ける職場に出会えることもありますが、知人の紹介だからこそ、良い人間関係を維持できるように心がけることが大切となります。

キャリアについて、プロに相談する
医師の転職サイトを使う方法

医師の転職手段として人気が高いのが、転職サイトを利用する方法です。医師専門の転職サイトなどが多数あるため、条件にあった病院をいくつもピックアップすることが可能です。
求人は総合病院をはじめ大規模なところも多く、スキルアップや高い評価を求める人にはおすすめの転職方法となっています。また最近では常勤だけでなく、非常勤の求人も充実している傾向にあります。
収入よりもプライベートを優先させたい人、自分のペースで働きたい人などは、非常勤の求人も検討してみると良いでしょう。このように自分のライフスタイルや求める条件にあった職場を見つけられることが、転職サイトを利用する最大のメリットです。
デメリットとしては「働いてみないと実情がわからない」ことが挙げられます。特に総合病院の場合は通常の診察以外にも緊急の患者対応が発生するケースが少なくありません。また医師不足の病院の場合になると、勤務時間超過が当たり前となっている場合もあります。よって転職サイトを利用する場合も、サイトに書かれている情報だけで選ぶのではなく、実際に働いている人の話なども聞けると安心でしょう。

その他… こんなの転職方法も!

医師という職は専門性が高いため、他の職種へ転職する人はほとんどいないのが現状です。また医師ほどのやりがいや年収を実現できる職は、それほど多くはありません。それでも医師以外の仕事に興味が湧いてくることもあるでしょう。
そういった場合でもはじめから医師の職を捨てて、一般企業へ勤めることはあまりにもリスキーです。もし医師以外の仕事に興味がわいてきた場合は、新しい働き方ができる「産業医」なども選択肢にくわえてみるのもおすすめです。
「産業医」は企業で働く人の心身の健康を支えるための医師で、特定の企業に所属したり、複数の企業を掛け持ち診断を行います。病院以外で働いてみたいと考えている人は、こういった医師の資格を活かした仕事を見つけてみるのも良いでしょう。

自分に合った方法で転職を成功させよう

転職を成功させるための秘訣は、自分にあった転職方法を見つけることにあります。そのためには、「自分が医師としてどんな働き方をしたいのか」を明確にすることが重要です。
もしアットホームな診療所で働きたいのであれば、知人の紹介で転職サイトには載っていないようなクリニックを探してみるのが良いでしょう。医療の最前線で働き実績を積みたいのであれば転職サイトがおすすめです。
転職は人生の大きな決断となります。後悔のない転職を実現するためには、事前にしっかりと準備をすることがポイントとなります。勤務時間・年収・仕事内容など転職先に求める条件を書き出し、それを満たすことができる職場を探していきましょう。そうすることで医師としてやりがいと責任を持って日々の業務に取り組むことができるはずです。

2018.3.14 掲載
キャリアについて、プロに相談する

まとめ

医師の転職サイトは、大規模病院の求人も多く、スキルアップや高い評価を求める人にはおすすめ

病院以外の企業などで働いてみたい場合、医師の資格を活かせる産業医などがおすすめ

転職サイトには載っていないアットホームな診療所などで働きたいのであれば、知人の紹介などがおすすめ