医師の仕事・働き方・キャリアプランについて

#37 面接前日にチェックしたい!医師の転職で注意したいこと

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

転職活動において避けて通れないのが「採用面接」です。面接当日は気持ちが緊張しやすく、うまく自己アピールができない人も多いのではないでしょうか。面接をスムーズに突破するには、事前にしっかりと対策を練っておくことが大切です。ここでは医師の転職時に注意すべきことや、対策ポイントについてご紹介します。

面接前日にチェックしたい!医師の転職で注意したいこと

面接は当日よりも事前準備が大切

設備が整っていたり職場環境が良好だったり、条件の良い医療機関は転職者からの人気が高く採用倍率が高い傾向にあります。こうした人気の高い医療機関への転職を希望する場合は、面接の前に対策を練っておくことが、採用につなげる重要なポイントです。特に面接当日に焦って対策をするのではなく、前日までにしっかりと事前準備をしておくことが大切です。事前準備の主なポイントには「志望する医療機関の下調べ」が挙げられます。面接ではその医療機関について、どれだけの情報を調べているかがキーポイントになります。その医療機関ならではの強みや、医療機器や設備の状態について調べておきましょう。すると自然により深く知りたいと思うポイントや、内容の濃い質問内容が思いつくはずです。さらに、面接の前日までに「想定される質問の答え」を考えておくことも重要です。面接では自身のことはもちろん、過去の仕事についてなどさまざまな内容の質問を受けるはずです。「この質問をされたときは、こう答える」という回答をシミュレーションしておくことで、スムーズな受け答えができるでしょう。

キャリアについて、プロに相談する
医師の面接で聞かれやすい質問

医師の採用面接では一般職と同様に、「人柄や考え方」についての質問がされやすい傾向です。自身の人柄や考え方について回答するのは一見簡単そうに見えて、とても難しいものです。ポイントは、第三者の視点から自分の良い部分や悪い部分に目を向けてみること。第三者の視点でじっくりと自己分析を行うことで、長所やウィークポイントをうまく伝えることができるでしょう。考え方についての質問は、医師として気をつけていることや、どのような気持ちで業務にあたっているのかという項目を聞かれる場合があります。今まで医師としてどんな経験をしてスキルを身につけ、今後どのように活かしていきたいのかを明確に伝えましょう。転職後のキャリアについての明確なビジョンを伝えることで、即戦力としての能力や実績を効果的にアピールできます。また、医師としてさらなるスキルアップを目指している場合はあわせて伝えると良いでしょう。スキルアップに対する前向きな姿勢を見せることで、将来性のある人材だというプラスのイメージを与えられます。

面接で絶対にアピールすべき内容

現在までに培った経験や能力についてアピールをすることも、もちろん大切なことです。ただ、こうした経験や実績については、履歴書や職務経歴書を見れば、大体の内容が伝わる場合も多いでしょう。したがって、面接の場では履歴書や職務経歴書では伝わらない「コミュニケーション能力」についてアピールすることがおすすめです。実は医師にとってコミュニケーション能力は、欠かすことのできない重要な要素のひとつ。どんなに優れた腕をしている医師であっても、患者さんとのコミュニケーションがうまく取れない場合は、信頼関係を築くことが難しくなってしまいます。患者さんにうまく対応できるかどうかは、医療機関全体の評判を左右する大切な要素です。この対人関係をうまく築けるという点をアピールすることで、採用に1歩近づきやすくなるはずです。実際にどのような気配りを心がけて患者さんに接してきたのか、具体的なエピソードを交えて説明できるようにしておきましょう。

準備ができていれば焦らず面接に挑める!

面接は行き当たりばったりでやり過ごそうと考えると、十分に実力を発揮できないケースも多いものです。志望する医療機関の面接をスムーズに突破するためにも、事前準備を怠らないようにしましょう。面接前日までに、しっかりと質問の回答や自己PRを考えておくことで、気持ちにゆとりが生まれて焦らずに面接に挑めるはずです。

2018.3.28 掲載
キャリアについて、プロに相談する

まとめ

医療機関ならではの強みや、医療機器や設備の状態など「志望する医療機関の下調べ」

自身のことや過去の仕事など、「想定される質問の答え」をシミュレーションしておく

「人柄や考え方」についての質問がされやすく、「コミュニケーション能力」についてアピールしたい