ドクター転職ショートストーリー

日本一長い商店街を満喫するI先生(上)

2017年07月15日 コンサルタントK

I先生の転職サポートをさせて頂くことになったのは、弊社が運営する転職情報サイト「e-doctor」から、お問い合わせ頂いたのがきっかけでした。

4月に入って間もない頃、I先生からご登録を頂き、九州在住・30歳代の女性Drであり、ご希望のエリアは「全国どこでも可」、ご転職時期は「8月」、ご希望の勤務内容としまして、現職は美容外科だが負担が大きいので、美容皮膚科を中心に勤務をされたいとのことでした。
しかし、このままではあまりにも情報が不足している為、まずはご登録のお礼方々、現状をご教示頂ける様メールをさせて頂きました。

メールには、下記3点についてご教示頂く様お願いさせて頂きました。
①なぜ、今ご転職を検討されているのか。
②現職の医療機関名と役割及び立場について。
③ご転職における優先順位について。

翌日、I先生より早速ご返信を頂き、現状について丁寧にご教示頂くことが出来ました。
I先生は、現職においてハードワークをされており、過去に一時体調を崩されたことがあり、もう少しゆとりのある勤務を希望していること、また、現場が一番落ち着いている今が他のDrに迷惑をかけずに転職ができると判断をされた様で、ご自身のことよりも他のDrに負担をかけない様に配慮をされた結果、4月末での退職を決められたとのことでした。
一般的には、4月入職に向け転職活動をされる方が多い為、医療機関が一番落ち着いている時期であり、I先生にとっては選択肢が少なく決して求人の多い時期ではないにも関わらず、ご自身のことよりも他のDrのことを考えてのご決断だったとのことで、初対面ながらそのお人柄に触れ、なんて素晴らしい人なんだろうと尊敬の念でいっぱいになりました。

そしてこの時、必ずI先生の役に立ち、心の底から喜んで頂ける様、最良のご転職をサポートさせて頂こうと、自身の心に誓いました。

4月末でのご退職を決められたI先生ですが、ご転職の希望時期は8月とお聞きしていたので、詳細を確認させて頂きますと2~3ヶ月は心身共にゆっくり過ごしてから、十分に英気を養って次の仕事に勤しみたいとお考えとのことでした。
ご退職からご転職の時期までの数ヶ月間にも明確な理由、お考えがあり、ご転職に向けても時間をかけて、しっかり見極めたいとのお気持ちでいらっしゃり、I先生より現状を伺う中で、ご提案させて頂く求人のイメージがどんどん鮮明になっていきました。

その結果、I先生のご転職における優先順位は、ご勤務内容が一番で、エリアについては本当に大きなこだわりはなく、求人全体のバランス(勤務内容・年俸・利便性など)がよければ全国どちらでもお引越し可能とのことでした。

私は、早速I先生の条件にあてはまりそうな求人を探し、翌日には4件の具体的な求人をご提案させて頂きました。
その中で、3件の求人に興味を持って頂き、内1件はI先生の理想に限りなく近い条件が揃っており、場所こそ関西ではありましたが、I先生は大変前向きにご検討下さり、数日考えてから返事を下さるとのことでした。


次へ続く

コンサルタント手記バックナンバーへ

おすすめ求人

  • 直原ウィメンズクリニック
  • 長野県医師紹介センター
  • 大阪民主医療機関連合会
  • 矯正医官
  • 山口県 地域医療