Hospitalinfo

バックナンバーはコチラ

199


「信頼・安心・充実した医療を提供」
社会医療法人 製鉄記念広畑病院

プロフィール

社会医療法人 製鉄記念広畑病院

社会医療法人 製鉄記念広畑病院(兵庫県姫路市)

 兵庫県姫路市広畑は夢前川の下流域西岸に広がる地区である。この地区は新日本製鐵広畑製鐵所(現 新日鐵住金広畑製鐵所)の企業城下町として、播磨臨海工業地帯を代表する街である。近年は新日本製鐵が自身の土地や製鐵所用地を売却したため、国道250号(浜国道)沿いのかつての新日鐵社宅や関連施設跡地に、ニトリなどの大規模小売店舗が進出している。また、製鐵所跡地ではダイセル、三菱電機の工場の新設、公共岸壁の整備などによる再開発が行われている。 製鉄記念広畑病院は70年以上前に日本製鐵の企業病院として設立され、戦後は一般市民にも開放された歴史を持っている。開設以来、地域医療の充実を図り、現在は28診療科の体制で、地域に根づいている。2013年には新館がオープンするとともに、三次救急医療を担う「姫路救命救急センター」を開設した。兵庫県ドクターヘリの準基地病院でもあり、広大な中・西播磨地域の救急医療をカバーしている。一方で、がん診療にも力を注ぎ、2012年に兵庫県がん診療連携拠点病院に指定されている。 今月は製鉄記念広畑病院の橘史朗理事長にお話を伺った。  


今井 秀 院長

橘 史朗 院長 プロフィール

1953年に兵庫県姫路市で生まれる。
1978年に神戸大学を卒業後、神戸大学第二外科に入局し、神戸大学医学部附属病院で研修を行う。
1979年に高砂市民病院、1980年に国立篠山病院に勤務を経て、1981年に神戸大学医学部附属病院第ニ外科に勤務する。1983年に石川島播磨重工保険組合相生病院、1986年に神戸みなと病院、1987年に兵庫県立淡路病院に勤務を経て、1992年に新日鉄広畑病院に外科部長として着任する。2000年に新日鉄広畑病院副院長に就任する。2010年に新日鉄広畑病院病院長に就任する。2015年に製鉄記念広畑病院理事長に就任し、病院長を兼任する。 日本消化器外科学会専門医など。

病院の沿革


 

 1940年に日本製鉄株式会社広畑製鐵所病院が開設された。当時は職員用の病院であり、戦後に一般市民に開放された。

1939年2月8日
構内診療所
1940年9月
日本製鐵(株)広畑製鐵所病院開設、診療開始
1951年6月
一般診療開始
1952年6月
青山診療所
1955年3月
病院本館
1955年4月
旧本館建設
1973年10月
東館建設
1981年7月
中央診療棟建設(現・サービスセンター)
1998年4月
医療法人社団新日鐵広畑病院として分社化。新日鐵広畑病院発足
2000年3月
新本館建設
2011年4月
社会医療法人として認定を受ける。製鉄記念広畑病院に病院名変更
2013年3月
新館建設  姫路救命救急センター開設
2014年3月
ヘリポート建設

2017.07.01 掲載 (C)LinkStaff

バックナンバーはコチラ

おすすめ求人

  • 直原ウィメンズクリニック
  • 長野県医師紹介センター
  • 大阪民主医療機関連合会
  • 矯正医官
  • 山口県 地域医療