医師の仕事・働き方・キャリアプランについて

#26 転職者の成功事例に学ぶ!失敗しない医師の転職

医師として現在の労働条件や職場環境に満足していますか?少しでも不満や違和感を感じることがあれば、それは転職をするべきタイミングなのかもしれません。ここでは転職者の成功事例から、失敗しないためのポイントを紹介していきます。

転職者の成功事例に学ぶ!失敗しない医師の転職

動機は人によって様々!医師の転職

転職を決意する背景は人によってさまざまです。その中でも主要な転職理由は3つあります。 1つ目は労働条件です。特に昨今は医師不足が深刻な社会問題となっています。病院によっては慢性的な医師不足により、過酷な労働条件で働くことも少なくありません。プライベートな時間を確保できないことは大きなストレスとなり、体調を崩すきっかけにもなりえます。そのようなとき、転職という道を選ぶ事例が多いといえるでしょう。 2つ目はスキルアップです。「専門科以外にも診断できるようなスキルを身につけたい」「自分の技術を正当に評価してほしい」といったスキルアップを目指して転職するケースも多々あります。将来像やビジョンが明確にある場合は、こういった前向きな転職も可能となります。 そして3つ目はライフスタイルの変化です。配偶者や親、子どもの都合で転勤を余儀なくされる場合や出産など家族構成の変化によって、勤務地や働き方を変える必要が出てきます。このようにライフスタイルが変わるタイミングも転職を意識する瞬間となります。

転職するときに考えておきたいこと

転職するときは「条件」と「優先度」を意識すると、納得のいく転職ができるはずです。「条件」には勤務地・労働時間・年収などが挙げられます。「なぜ転職をしたいのか」「どんな条件で働きたいのか」を具体的に考えながら実際に書き出してみると良いでしょう。 列挙し終わったら、次はその「優先度」を決めていきます。もちろんすべての条件を満たしてくれる職場に出会えるのが一番です。けれども「あれもこれも」と欲張ってしまうと、なかなか転職先が見つからないケースもあります。 そこで「絶対譲れない条件」と「ある程度妥協できる条件」を自分の中で明確にしておくことがおすすめです。そのために有効なのが「優先度」を決めることなのです。 実際に転職活動を始める前にこれらをはっきりと定義することで、理想の職場のイメージを具体的に持つことができ、スムーズな転職活動を行うことができるようになります。

今の職場を穏便に退職するには

転職先が決まったら今の職場に報告する必要があります。今の職場を穏便に退職するためのポイントは2つあります。 1つ目は今の仕事に区切りをつけて退職することです。医師の仕事は終わりがない仕事ではありますが、患者の引き継ぎやカルテの整理など退職前にできることは多々あります。それらを最後まで責任を持って行うことで誠意を示すことができるはずです。 そして2つ目は後任者のフォローです。退職前に自分の代わりとなる医師を紹介することができれば、職場への負担を大きく軽減することができます。非常勤の医師でも構わないので、そういったフォローができるとかなり印象が良くなることでしょう。

後悔の無い転職を

転職は大きな決断です。後悔のない転職をするためには、事前にしっかりと準備をすることが重要となります。また「過酷な労働時間」や「スキルアップ」が転職理由の場合は、それを今の職場で解決することができないか、立ち止まって考えることもポイントといえるでしょう。 もちろん転職という形で働く場所を変えると、今抱えている問題を解決できるかもしれません。ただ今の職場で上司や同僚に相談することによって、その問題を解決できる可能性もあるのです。 医師が一人抜けるということは、その病院にとっては大きな損失となります。よって現状の不満や今後の要望を伝えることで、転職せずとも年収アップや労働時間の短縮という交渉が可能となるかもしれません。 どうしても転職以外の選択肢がない場合は、これまで紹介してきたように「条件」や「優先度」を意識して、納得のいく職場を見つけていきましょう。