金平永二「Be a maverick」
金平永二「Be a maverick」
最新話
最新話

「平成のブラックジャック」内視鏡外科医
                                                  金平永二

「平成のブラックジャック」内視鏡外科医 金平永二

メディカルトピア草加病院 病院長。
内視鏡外科手術のパイオニア・技術職人。胆のう、胃、大腸、膵、脾など幅広い消化器疾患の内視鏡外科手術を2000例以上執刀。直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM:狭い空間でスティックさばきを必要とするオペ)と胃粘膜下腫瘍手術における、世界トップクラスのエキスパート。彼の手術では傷跡が残らず、「奇跡の腕」だと噂になっている。
2011年にはそれまでの日本における内視鏡外科の発展への貢献の高さが評価され、日本内視鏡外科学会の最高賞である「大上賞」を受賞する。世界シェア7割のオリンパスの内視鏡事業も、彼の貢献なしには語れない。

ドイツで内視鏡外科手術を学んだ彼は、内視鏡外科手術の実践と普及活動を展開している。2002年3月まで金沢大学医学部附属病院心肺・総合外科講師。2002年4月から,フリー外科医として患者や病院からの依頼を受け内視鏡外科手術を行う。依頼手術を行った病院は全国60か所以上にのぼる。2005年4月より、東京の四谷メディカルキューブで、内視鏡外科手術専門のセンターを立ち上げた。2008年12月より上尾中央医科グループにてAMG内視鏡外科アカデミーを発足。上尾中央総合病院外科診療顧問を兼任。2012年1月から同グループが新たに建設した、メディカルトピア草加病院では、低侵襲手術センターに最高水準の設備と技術力を結集し、国際的な医療を展開している。
彼はおきて破りの経歴をもつ医者だ。

10年前、前代未聞のフリーランス外科医になり、インターネットを使った手術の受付を始め、全国各地を渡り歩いた、孤高の天才医師の半生を描く!

金平永二先生の写真

金平永二
メディカルトピア草加病院
病院長

プロフィール

1991-1992年:ドイツTuebingen大学医学部外科 Gerhard Buess教授の指導のもと、内視鏡外科手術を学んだ。帰国後、内視鏡外科手術の実践と普及活動を展開している。
2002年3月まで金沢大学医学部附属病院心肺・総合外科講師。
2002年4月から、フリー外科医として患者や病院からの依頼を受け内視鏡外科手術を行った。依頼手術を行った病院は全国60か所以上にのぼる。
2005年4月より、東京の四谷メディカルキューブで、内視鏡外科手術専門のセンターを立ち上げた。
2008年12月より上尾中央医科グループにてAMG内視鏡外科アカデミーを発足。上尾中央総合病院外科診療顧問を兼任。
2012年1月から同グループが新たに建設した、メディカルトピア草加病院にて新たな活動に着手した。メディカルトピア草加病院では、低侵襲手術センターに最高水準のファシリティーと技術力を結集し、国際的な医療を展開しつつある。

おすすめ求人

  • 矯正医官
  • A CLINIC GINZA
  • 岩手県医療局「イーハトーヴとは」