掲載日:2019/08/30 求人No.W55468

  • 求人概要

こうえきしゃだんほうじん みやざきしぐんいしかい みやざきしぐんいしかいびょういん

公益社団法人 宮崎市郡医師会 宮崎市郡医師会病院

2020年新築移転予定。内科の充実に力を入れています。

募集科目
  • 内科
  • 消化器内科
  • 呼吸器内科
  • 総合診療科
  • 公益社団法人 宮崎市郡医師会 宮崎市郡医師会病院
  • 公益社団法人 宮崎市郡医師会 宮崎市郡医師会病院

医師会立の病院で入院医療を主体とした診療体制で運営しています。
医師会立病院の特色として一般外来を行っておりません。原則、開業医の先生方からのご紹介を受けて専門的な治療を行う医療施設です。
現在、内科の充実に力を入れており、当院で先生のご活躍のフィールドをご準備致します。

勤務地
宮崎県 宮崎市
病床数
248床(一般:248床)
(うち、ICU12床、NICU3床、緩和ケア病棟12床)
年俸
1,500万円 ~ 1,800万円
5年標準:1,300万円
10年標準:1,500万円
当直回数、各種手当てによって変動します。
ご経験において、ご相談させて下さい。
  • 高額求人国公立・公的・自治体病院
  • 高額求人病棟管理含む
  • 高額求人時短勤務
  • 高額求人週4日勤務
  • 高額求人子育て環境良い
  • 高額求人託児所有り
  • 高額求人女性医師優遇
  • 高額求人電子カルテ
応募・お問い合わせはこちら
  • 求人情報
  • 基本情報
  • アクセス
  • メッセージ

dummy

求めるドクター像 開業医の先生からのご紹介を適切に受け、地域医療機関等から信頼を得られる医師を求めています。
平成31年度からは救急科を新設致しました。
各種内科専門医の先生は、紹介による予定入院、救急科トリアージ後の後方支援に係る治療等を行って頂きたいと考えています。
募集科目 内科、消化器内科、呼吸器内科、総合診療科
資格 専門医
求人数 3名
経験年数 5~30年

勤務形態

勤務時間 8:30 ~ 17:00
業務内容 外来(紹介外来)、救急科後方支援、病棟管理
仕事の醍醐味 先生のこれまで築き上げられたキャリアを生かし、当院で管理職として専門内科のマネジメント及び診療を行っていただけるフィールドをご準備致します。
また、一般外来を行っておらず、当院の診療は開業医の先生方からのご紹介で成り立っていますので、専門的な治療/入院管理がベースとなる診療体制です。
仕事の厳しさ 開業医の先生方や他病院からの紹介がベースとなりますので、医師会立病院の使命として「紹介頂いた患者は全て受け入れる」という運営方針で診療を行っています。その点は、当院独特の厳しさがございます。
しかし、当然、院内でのコンサルト体制があることや当院での診療が難しい専門外の疾患に関しては、他院にご紹介する等の適切な対応を取って頂くことになります。
夜間当直 当直体制については、ご相談の上決定させて頂きたいと考えております。
夜間当直料は年俸に含まない
夜間当直料 1回当たり20,000円
当直体制:現在内科のみの当直は行っておりませんが、循環器内科(ICU管理)、外科系当直、産婦人科(NICU当直)。
給与等 5年標準:1,300万円
10年標準:1,500万円
当直回数、各種手当てによって変動します。
ご経験において、ご相談させて下さい。
賞与:無
昇給:有
査定:有
賞与は年俸に含む。医師のインセンティブ制度を計画中。
宿舎の提供
一部支給(27,000円まで)
借家のみ家賃補助
休日 日曜日
祝祭日
土曜日(半日休み)
土曜日の勤務は午前中で隔週となります。
休暇 年末年始 4日
夏季休暇 4日
年次有給休暇 最大20日
学会出席/出席費用 学会出席:可能 出張扱い
出席費用:支給 年4回まで交通費、参加費等を支給。
赴任手当(引越費用等) 有 基本的には当院、全額負担で応相談。

dummy

宮崎市郡医師会病院は、昭和59年4月に会員の紹介入院を主体にした共同利用施設・開放型病院として開院しました。以降、病院理念を遵守しつつ、かかりつけ医(会員)との密接な連携を図りながら、地域の基幹病院として急性期疾患を中心とした医療を担っております。
平成9年3月に地域災害拠点病院に指定され、平成10年12月には地域医療支援病院の承認を受けました。また、平成13年10月には1市6町(現在1市2町)のご支援を受けて念願であった緩和ケア病棟と新病棟が完成し、総病床数248床の現行の体制となりました。平成20年4月には地域周産期母子医療センターとして認定され、平成21年4月からDPC対象病院となっています。
また、医療機能では平成17年11月に病院機能評価・審査体制区分3 一般病院Ver.4の認定を受け、平成22年11月には病院機能評価 ver.6へ更新して、平成27年11月には病院機能評価3rdG:Ver.1.1に認定されています。
平成24年9月には宮崎県内で初となるモービルCCU(医師・看護師が同乗する心臓血管疾患集中治療機能を備えた救急車)を導入しました。本県の5疾病5事業・在宅医療の更なる充実に貢献し、広域救急医療体制の構築を目指したいと考えております。
これからも、市民・県民の皆様に高度で良質な医療を提供できる医療機関として、医療提供体制の整備に邁進するとともに、尚一層の努力を続けてまいります。
理事長名 川名 隆司(かわな たかし) 出身大学名 宮崎大学
院長名 川名 隆司(かわな たかし) 出身大学名 宮崎大学
理念・方針など 理念:本院は、患者さんの人権を尊重し、適正な医療を安全に提供するとともに、開放型病院としての特性を最大限に活かし地域医療に貢献することを使命とする。
運営方針:
1.入院治療を主体とした、医師会員が利用する共同利用型病院とする。
2.常時、患者さんを収容、治療できる体制をとり、転送患者をすべて受け入れる。
3.医療機器の充実に努め、最適の医療を行う。
4.診療は患者さんの意向を尊重して行う。
5.時間外の急病患者さん対策として、病院に併設して、宮崎市夜間急病センターを設置する。
経営体系 医師会立病院
設立年月日 昭和59年4月1日
病床数 248床(一般:248床)
(うち、ICU12床、NICU3床、緩和ケア病棟12床)
診療科目 内科、循環器内科、外科、心臓血管外科、整形外科、産婦人科、放射線科、麻酔科、小児科、緩和ケア科、健診・検診・人間ドック、感染制御科
看護基準等 一般病棟221床:急性期一般入院料:7対1配置
緩和ケア病棟:緩和ケア病棟入院料12床:7対1配置(独立型)
ICU12床:特定集中治療室管理料3:2対1配置
NICU3床:新生児特定集中治療室管理料2:3対1配置
認定施設 臨床研修病院指定
麻酔科認定病院認定
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器病学会認定施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本胆道学会認定指導医制度指導施設
日本臨床細胞学会施設
日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設
日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設
日本緩和医療学会認定研修施設
日本内科学会認定医制度教育関連病院
循環器専門医研修施設
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医研修施設
日本心血管インターベンション治療学会研修施設
宮崎県地域周産期母子医療センター
地域災害拠点病院
地域医療支援病院
医療設備 CT(320列)、デジタルX線テレビ透視装置(DR)、RI、血管造影装置等
新病院ではMRI整備予定。内視鏡室2室+予備1室、透視室1室を計画。
救急指定
2次 平成31年度より救急科を新設致しました。
医師数 常勤:47名 内科は総合診療医が1名、呼吸器内科医が1名、緩和ケア内科が2名所属しております。
非常勤:1名 麻酔科
職員数 477名
看護師:305名
療法士:8名
放射線技師:11名
検査技師:29名
薬剤師:9名
栄養士:5名
事務員:68名
その他:42名
※職員数は医師を除く
外来患者数 22142人(1日平均 約80人) 
(内科30、緩和ケア250、循環器内科12,906、外科2,122、心臓血管外科919、整形2,720、放射線科609、麻酔科28、産婦人科2,165、新生児科393)
手術数 1,928件 
(一般外科345、心臓外科253、整形外科834、産・婦397、循環器内科90、内科(緩)9、緊急398)
症例数 2017年度実績 7,027症例 
(外科914、緩和ケア科35、産婦人科738、循環器内科3,816、心臓血管外科140、新生児科503、整形外科868、内科13)
備考:現在の内科は3名体制(総合内科1名、緩和ケア2名)で総合内科は院内コンサルトを中心とした診療となっております。
関連施設 当医師会運営諸施設として、成人病検診センター、臨床検査センター、看護専門学校、医師会事務局
関連大学 宮崎大学、熊本大学、北海道大学、九州大学、久留米大学、佐賀大学 等
後方支援病院 会員医療施設等多数。
処方箋 院内
学会、論文、各種自己研鑽への積極支援 各種学会への参加や論文作成は積極奨励しております。
学会への参加は、演題発表時には全面支給致します。
電子カルテ導入、DPCデータ、各種部門システムから必要な統計データを抽出し、又は論文に必要な画像データの処理等、先生方の症例研究をバックアップ致しております。
URL http://www.cure.or.jp/
所在地 宮崎県 宮崎市 新別府町船戸738-1 (新病院は生目地区に移転します)
TEL 0985-24-9119 FAX 0985-23-2210
交通手段 JR日豊本線 宮崎駅より
車で約10分

病院長からのメッセージ

dummy

【院長 メッセージ】

宮崎市郡医師会病院は、昭和59年4月に会員の紹介入院を主体にした共同利用施設・開放型病院として開院しました。以降、病院理念を遵守しつつ、かかりつけ医(会員)との密接な連携を図りながら、地域の基幹病院として急性期疾患を中心とした医療を担っております。
当院は、令和2年8月1日に新病院を開院いたします。平成25年に新病院の基本構想を策定し、これに基づき、基本計画、基本設計・実施設計を進め、現在は建築工事を進めているところです。

当院は、医師会立病院、地域医療支援病院として、公的病院でしか担えない役割を果たしていくこが求められています。
地域医療は、かかりつけ医を中心とした「切れ目のない医療・介護」の提供によって維持されています。当院の使命は、そのかかりつけ医を支える入院施設であり続けることであり、地域医療構想に沿って、民間医療機関では担うことが困難な役割(広域重症型急性期医療・循環器疾患の最新医療・医療防災ゾーン)を果たしていくことです。
また、具体的な経営戦略として、会員医療施設を支えるために、救急・急性期機能を強化する方針であり、新病院では、ERの創設、病床規模拡大、内科領域の充実を掲げています。これにより、患者満足度、会員満足度、職員満足度、日本一の医師会病院となることを目指しています。
内部の体制も合わせて強化していく方針であり、地域医療連携の推進、働き方改革の推進に力を入れています。

新病院の建築工事の推進にともとに、ソフトの充実も推進していく必要があります。新病院では19床の増床を実現、救急科については、平成31年4月に新設を実現し、これからは、内科の医師の充実を図ることが我々の次なる目標です。
内科については、消化器内科、呼吸器内科、総合内科を中心に強化していく方針であり、今後、内科系のチームを創り上げていく予定です。医師が十分に経験を詰める環境、そして、働き方改革にも積極的に取り組み、充実した勤務環境を整えていきたいと考えています。また、ご経験に応じて責任のあるポジションでお迎えする準備もできています。

宮崎に縁のない先生方におかれましては、宮崎市の素晴らしさを知っていただきたいと思います。自然豊かで海と山に囲まれた環境と、子育て環境も充実しています。
そして、様々なライフスタイルの変化により、宮崎の地に戻ってこられる先生方、また、将来的には事業継承を考えていらっしゃる先生方もいらっしゃると思います。我々はそのような先生方のライフスタイルにも向き合い、キャリアデザインに配慮した支援を行う所存です。

私達とともに、宮崎の医療を支えてくれる素晴らしい医師との出会いに期待を込め、ご挨拶とさせていただきます。


【採用担当からのメッセージ】

ご経験に応じて、診療部長級の待遇にて、お迎えする準備ができております。
現在、当院では内科医が不足しており、今回ご応募頂く先生にとっては、ご自身の築き上げてこられたご経験を当院で存分に発揮して頂けると考えています。
医師会立病院としての特徴としては、一般外来がなく、入院治療に専念できるメリットがあります。
また、救急診療については、救急科が初療対応を行う計画となっておりますので、内科専門医の先生方にはその後の後方支援、継続加療を行って頂くことになります。

医師会員、地域の医療機関・施設にとって信頼され続ける医師会立病院を目指しています。先生方のご活躍できるフィールドを準備しておりますので、ぜひとも応募をお待ちしております。

施設見学のみも可能ですのでお気軽にお声かけ下さい。

応募・お問い合わせはこちら

この求人に関連する求人