2014年4月から当院を含む全国社会保険協会連合会の病院のほとんどが、独立行政法人地域医療機能推進機構(Japan Community Health care Organization)JCHO(ジェイコー)へ移行となり、当院も宇和島社会保険病院からJCHO(ジェイコー)宇和島病院に変わりました。当院はJCHOグループの病院として、地域医療への貢献というミッションに取り組んでいます。

内科、外科、整形外科とリハビリを軸としており、病床数は一般病床199床(内、回復期リハビリ病棟44床、地域包括ケア病棟54床)です。また、附属施設として健康管理センター、介護老人保健施設、訪問看護ステーションを有しており、疾病予防・健康の保持増進、入院から介護・在宅までシームレスな医療・介護を提供しています。

電子カルテや画像サーバーが導入されており、情報の共有がしやすく、医師同士やスタッフとの連携が取りやすくなっています。

宇和島市は、人口約7万5千人の愛媛県南部(南予地方)の中心都市です。宇和島城を中心に栄えた、伊達十万石の歴史ある旧城下町でもあります。 山と海に囲まれており、温暖な気候で、新鮮な魚や多種多様な柑橘類を食することができ、身近に自然の恵みを感じることができます。 また、自然だけでなく、中心街は大型小売店やコンビニなども充実しており、利便性の上でも生活がしやすい町です。 そんな宇和島の魅力をいくつかピックアップしてご紹介します。

新鮮で豊富な海産物

宇和島の西に面した宇和海では魚介類の養殖が盛んで、特にタイ、ブリの生産量は日本でもトップクラスです。また、良質な海産物を活かした郷土料理も、宇和島の魅力の一つです。

鯛めし

一般的な鯛めしは炊き込みご飯なのに対し、宇和島では生の鯛をタレと混ぜ合わせ、熱いご飯にかけて食べます。新鮮な鯛が獲れる、宇和島特有の食べ方です。

じゃこ天

宇和海で獲れる小魚を骨ごとすり身にして油で揚げたものです。スーパー等でも販売されており、宇和島の住民に慣れ親しまれた味です。

闘牛

宇和島は、日本でも数少ない闘牛を見ることが出来る町で、年5回の開催の時期になると、多くの観光客で賑わいます。

段畑

宇和島市の西部の半島にある遊子水荷浦には、じゃがいもの段畑があり、独特の美しい幾何学模様の風景を見ることができます。

うわじま牛鬼まつり

毎年7月22日~24日にかけて開催され、ガイヤカーニバル、牛鬼パレード、宇和島おどり大会、花火大会、走り込みなどが披露されます。当院もPRと地域振興を兼ねて、宇和島おどり大会に毎年参加しています。

由良半島

良質な漁場である宇和海は、釣りをするのにも最適です。
宇和島市の南西にある由良半島は磯釣りのメッカで、グレ、マダイ、イシダイ、アオリイカなどが釣れます。
ポイントへ移動するための経験豊富な渡船業者も多数あります

日振島

宇和島の西にある島、日振島も同じく磯釣りの名所で、グレ、シマアジ、ハマチ、イサギ、アイゴなどが釣れます。
宇和島から日振島へは、1日3便の高速船で50分ほどで行くことができます。 こちらには、海水浴場やキャンプ場もあり、釣りの他にもアウトドアを楽しむことができます。

令和元年10月から、3歳児から5歳児クラスの全ての子どもたちが利用する、宇和島市の認定こども園・幼稚園・保育所の利用料が無償化され、幼児教育や保育の負担が少なくなります。

宇和島市内に認定こども園・保育所は23ヶ所あり、当院の5km圏内に10ヶ所あります。また、小・中・高等学校も当院の近くに多くあります。 病院の近くに住宅物件も多数あるため、病院の近くで暮らすことで、通勤や子どもの送迎などの時間に悩むことなく子育てをすることができます。

宇和島市は、「伊達な宇和島安心ナビ」という宇和島での生活を支援する公式のスマホアプリを提供しており、その中に子育てモードというものがあります。子どもの成長に合わせて必要なサービスを探すことが出来たり、保健師・栄養士からの子どもの年齢に合わせたお役立ち情報を見ることができます。他にもさまざまな機能があり、宇和島での子育てをサポートしてくれます。

募集科目

内科、外科、整形外科、総合診療科、麻酔科、放射線科、リハビリテーション科、健診・検診・人間ドック

役職待遇

経験年数等に応じて考慮致します

資格

資格を問わない

求人数

若干名

勤務時間

8:30~17:15(休憩60分)

業務内容

一般外来、病棟

夜間当直

有 月3回~4回(1回 21,000円)夜間当直は年棒に含む

年収

1,000万円~1,800万円
賞与:有
歩合:無
昇給:有
査定:有
退職金:有
試用期間:有 6ヶ月

宿舎の提供

有(有償)

休日

土曜日、日曜日、祝祭日

休暇

年末年始 6日
夏季休暇 3日
年次有給休暇 20日

研究日(研修)

学会出席/出席費用

学会出席:可能 出張扱い 年2回まで(旅費規定に基づき支給)
出席費用:支給 参加費1回につき30,000円まで

赴任手当(引越費用等)

有 旅費規定に基づいて支給