都農町国民健康保険病院

都農町国民健康保険病院は、町内で入院できる唯一の機関及び中核病院として、地域に密着した 医療や救急医療などを支えるほか、地域包括医療ケアの拠点施設として疾病予防・介護予防等を 通じ、寝たきり老人の減少、地域住民検診や疾病予防を通じた医療費の適正化を図ることを役割とします。

・新しい施設で、新しい仲間と、新しい1歩を踏み出しましょう。
・小児から高齢者にいたる診療で地域を支えましょう。
・海、山、川に囲まれた美しい自然を楽しみましょう。
・都市に住んで地域医療しましょう。(高速道利用で宮崎市から通勤可)

新病院は、現在の施設に隣接して建設し敷地内移転します。病床規模はそのままに、地域包括 ケア病床を導入するなど、高齢者が住み慣れた地域で生涯を過ごせる総合的な地域医療の中核 施設として、平成30年春に再スタートする予定です。

保健・医療・福祉が連携して本町の地域包括ケアシステムを推進するためには、医師を筆頭に 多くのスタッフが連携して取り組む必要があり、本院でも医療の枠に止まらず健診や介護予防 を積極的に進める等、高齢社会を支える様々なサービス提供を目指します。

しかし、本院には現在常勤の内科医がおられず、週に1度の非常勤医師(内科)や院長(外科) を始めとする他科の医師により高齢者を中心とした総合的診療に対応しています。よって、内科 ・外科の医師を中心に募集し、ゆとりある診療体制をつくります。

新病院がオープンした後は、隣接して総合保健センターを整備し、高齢者や子育て支援の窓口の一本化を進める予定です。 また、宮崎大学医学部学生の地域医療研修を積極的に受け入れる等、関係多職種な人材育成にも貢献できる病院を目指します。

・内科
・外科
・耳鼻咽喉科
・皮膚科

都農町は、宮崎県のほぼ中央部日向灘と尾鈴山に面した人口約1万人の町です。農林漁業を中心に、ハウス園芸や果樹栽培、畜産等「山と滝とくだもののまち」というキャッチフレーズどおり、温暖で食の豊かな住みやすい地域です。名産品のうちのひとつである「ぶどう」から作られた都農ワインは、国内外の数々のコンクールで受賞しております。また、近年では “道の駅つの”をオープンさせ、多くの観光客で賑わっています。

氏名 ※必須
フリガナ ※必須
住所
TEL(自宅)
TEL(携帯)
E-mail
※携帯可
※必須
※半角英数字
※携帯アドレスの場合は@xxxxxxx.jpからのメールが受け取れるよう設定してください。
お問合せ内容