TOPページ東京中央美容外科の強み総括院長よりご挨拶クリニック案内

在籍ドクターへLINRやメールで直接相談できます

東京中央美容外科・美容皮膚科|先輩医師からのメッセージ

東京中央美容外科・美容皮膚科 ドクター|安本 匠
 

東京中央美容外科・美容皮膚科|以前の勤務状況

私は、総合病院の心臓血管外科に勤務しておりました。
当時は週に数件の予定の開心術に入り、 術後はICUに当直して翌日も深夜まで勤務という状況でした。
これ以外に臨時手術が入りますし、 家に帰っても呼び戻されることは日常茶飯事でした。また、学術研究、教育にも時間を割かれ 、休みは年間に数日という過酷な勤務状況でした。
もちろん、心臓血管外科の道を志したからにはある程度の自己犠牲は当たり前のことだと考えていましたが、ふと自分の家族に目を向けた時、同じ犠牲を家族にまで 強いてしまっていることに気づいたのです。自分のやりたい道に進むために、家族を不幸にしていました。
医師である前に、一人の人間として純粋に家族を幸せにしたい、それが転職を考えたきっかけです。
私の気持ちを尊重し、温かく送り出してくれた仲間にはとても 感謝し、尊敬しています。

東京中央美容外科・美容皮膚科|東京中央美容外科に決めた理由

当初は血管外科で将来的に開業を視野に転職活動を開始したのですが、運命のイタズラか、最初に連絡がついたのが青木先生でした。
先生とお会いして、患者さんとスタッフを大切にする姿勢に大変共感でき、一緒に仕事をすることができたら、自分も楽しみながら家族を幸せにできるだろうと思いました。
初めてクリニックを訪れた時、まず、スタッフが明るくとても楽しそうに仕事をしているのが印象的でした。
また、施術を受けた患者さんが最初に鏡を見た時に見せる表情は、喜びに満ち溢れていました。
私も美容医療を通して患者さんを幸せにしていきたいと思いました。
そして、青木先生は長らく国内最大手の美容外科で本院の院長を務められた先生で、いわば国内トップの美容外科医です。
その青木先生からマンツーマンで技術を学ぶ機会を得たことは、大変幸運なことです。
安定した医局という職場を離れるのはとても勇気のいる決断ではありましたが、一歩踏み出さなければこのチャンスは掴めないのです。これは、私にとって医師人生最大のターニングポイントになるでしょうし、文字通り人生をかけたチャレンジなのです。

東京中央美容外科・美容皮膚科|入職後どうだったか

医局をやめることになってからは新しい職場への期待もありましたが、不安も大きかったです。
技術面、知識面に関しては5年間外科で培った礎はあるものの、ほとんど1からのスタートと言っても良いくらい全く未知のものでした。
それでも、青木先生からマンツーマンで丁寧に教えていただき、一つ一つ確実に自分のものにしていくことができました。
自分の手術で患者さんが喜んでくれた時は、美容外科は本当にやりがいある仕事だと感じます。
生活面では家族との時間、心身共にリフレッシュできる定期的な休日、成果に応じた報酬など、今までと比べ夢のような毎日を過ごしています。



東京中央美容外科・美容皮膚科 ドクター|樅山 真紀
 

東京中央美容外科・美容皮膚科|以前の勤務状況

私は以前、大学病院の形成外科に勤務しておりました。
形成外科は他の診療科と比べて、比較的医師のQOLは高く、日常生活と仕事を両立することはできていました。
しかし自宅が遠方にあり、通勤で往復2時間以上をかかっていました。自家用車での通勤であったため、違反や事故を起こさないように気を張りながらの朝の運転や疲れ切った状態での仕事帰りの運転は、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかりました。
また、今後の自分の形成外科医としての専門性や将来を考えたときに、大学病院勤務ではない道もあるのかなと、ふと感じました。
形成外科医であったため元々美容への関心も高く、また形成外科から美容外科への転職は珍しい事ではなく、今まで数多くの諸先輩方も同じ道を歩んでこられた事もあり今回美容外科への転職を決めました。

東京中央美容外科・美容皮膚科|東京中央美容外科に決めた理由

とりあえずは通勤が大変ではないという条件で転職先を探していましたところ、たまたまインターネットで駅前に最近オープンしたばかりの美容外科クリニックの医師募集を見つけました。駅前なら通勤にも便利だなと思い、まずは総括院長である青木先生との面談を行う事になりました。総括院長と面談するということでかなり緊張しましたが、実際にクリニックを訪れると受付の方々をはじめスタッフの皆さまが笑顔に溢れていて、とても良い印象を受けました。青木先生のもとで、みなさん楽しく働いているのだなと感じました。その後、青木先生との面談のなかで青木先生の熱い情熱と信念、そして心の広さを感じました。そして、青木先生の「患者さんをはじめ、スタッフのみんなも幸せにしたい」という言葉に感銘を受け、この先生なら今後の人生を預けることができると思い、東京中央美容外科への入職を決めました。

東京中央美容外科・美容皮膚科|入職後どうだったか

当然、全く知らない新しい職場に飛び込むことで不安も大きかったです。知らない事や出来ない事も多く、研修医時代のような壁にぶち当たる毎日でした。
しかし、青木先生をはじめとして東京中央美容外科の先輩方から丁寧な指導を受け、またスタッフの皆さまの温かい協力のおかげで壁を乗り越える事ができ、現在は徐々にできることが増えていく達成感と充実感を味わう毎日です。
日常生活においては、勤務はほとんど定時で終わることが多く、当然当直もコール番も無いため、肉体的にも精神的にも非常に楽になりました。休みの希望も出せるため旅行も問題ありません。猫と遊ぶ時間や家族との会話も増え、充実した毎日を送っております。



東京中央美容外科・美容皮膚科 ドクター|木村 尚大
 

東京中央美容外科・美容皮膚科|以前の勤務状況

私は、国家試験合格後、地元である宮城県の中でも研修医教育に厳しく、研修病院として人気のある石巻赤十字病院を選び、外科を志して研鑽を積みました。
研修医時代を含め、勤務は生易しいものではありませんでした。当直は寝ることができないのが当たり前、3年目のレジデント時代からは責任を負う救急PHSを持ち、診療にあたりました。レジデント時代は、年間執刀数が在籍医師の中で最も多かった年もありました。
その間に、3.11の震災もありました。震災から数ヶ月は、救急医療に従事しました。雪の中で赤トリアージ班として診療したこと・1日2~3回の握り飯で数週間を過ごしたこと・10日間以上シャワーを浴びられなかったこと・地下がご遺体でいっぱいになったこと・辛くハードだった日々の思い出は今でも忘れられません。
ある時は、太平洋航海中の急性腹症の患者様を緊急手術し、フィリピンまで同行し搬送したこともありました。
通常の研修、病院勤務ではできない経験をさせていただいたこと・そして、患者様第一に診療にあたる医師としての姿勢を育ててくれた病院と上司、同僚、後輩、コメディカルスタッフに今でも感謝しております。

東京中央美容外科・美容皮膚科|東京中央美容外科に決めた理由

石巻赤十字病院でチーフレジデントを勤めた頃には、外科医として、甲状腺・消化器・血管・腹腔鏡下手術などの分野で、一通りの手術手技を学び終え、その後外科専門医を取得しました。
外科医として勤務していて痛感したことは、患者様を直接切って治す喜びと同時に、長時間の難易度の高い手術も多く、体力的にしんどいときも多かったということです。さらに、家族との時間がなかなか取れず、このままで家族を幸せにできるのかという疑問も生まれ、今後の人生設計に悩んでいました。
そんな時、青木先生と偶然出会う機会がありました。
青木先生は医師にとって、人として幸せになるには、①仕事のやりがい②待遇③時間が満たされていないと難しい・・・と私に言いました。その時、この先生のもとで働きたいと率直に思いました。
その後、自分にとってどこの場所で働き、どんな仕事をしていくのが自分にとっても家族にとっても幸せなのかを話し合い、その幸せを実現できるという確信ができ、東京中央美容外科に入職することを決めました。

東京中央美容外科・美容皮膚科|入職後どうだったか

外科の経験があったとはいえ、本格的な美容外科は未経験に等しかったので、不安はありました。
しかし、青木先生や先輩医師が丁寧に一から技術を教えてくれますので、美容外科を学ぶ日々はとても新鮮で充実しています。
また、東京中央美容外科は、医師・ナース・事務・アシスタントなどスタッフ間の連携も密に取れており、働きやすい環境が構築されています。
入職してからは、家族と過ごす時間も多くなり、公私ともに楽しい日々を過ごしています。



東京中央美容外科・美容皮膚科 ドクター|井上 真梨子
 

東京中央美容外科・美容皮膚科|以前の勤務状況

私は、某大手美容外科・美容皮膚科に勤務しておりました。

そこでは、二重やリフトアップ、豊胸手術やヒアルロン酸、ボトックス注入といった処置、レーザー治療などをメインに様々な症例を経験してきました。

東京中央美容外科・美容皮膚科|東京中央美容外科に決めた理由

美容外科医として、さらにステップアップしていきたいという思いと、出産や子育てが始まった後の働き方は、どうしていったらいいかと悩んでいた時に、東京中央美容外科で働いている知り合いの医師から、青木先生を紹介されたのがきっかけです。

医師、スタッフ、患者様全てが幸せになれるクリニックという理念と、働く医師ひとりひとりのライフワークバランスを考えてくれるところ、そして何よりも青木先生の人柄に惹かれて、入職を決めました。

東京中央美容外科・美容皮膚科|入職後どうだったか

今の職場を辞めて、新しい職場に入るにあたって、正直不安もありましたが、先輩医師の先生方は皆さん優しく、手技の指導も丁寧にして頂けたので、すぐに慣れることができました。

また、クリニック内の雰囲気がすごく良いのも、大きかったです。

仕事面においても生活面においても、非常に充実した毎日を送らせたていただいております。



東京中央美容外科・美容皮膚科 ドクター|永峯 祥子
 

東京中央美容外科・美容皮膚科|以前の勤務状況

前職は小児科医として大学病院に勤務していました。
当時は月曜~土曜日までフルタイムで当直が月4~6回。当直中は救急外来、病棟、産婦人科からの電話が鳴り止まず、ほとんど寝られることはありませんでした。休日は土日の当直を入れると、月2-3回程度しかありませんでした。
当時は新婚だったのですが、家事をする時間や夫と過ごす時間もほとんど取れない生活が続いており、もう少し家庭やプライベートの時間を大切にしたいという気持ちが強くなりました。
小児科専門医試験に合格したことを期に、思い切って元々興味のあった美容医療の道に進むことに決めました。

東京中央美容外科・美容皮膚科|東京中央美容外科に決めた理由

TCBに決めた理由としては、今まさに成長期のグループであり、TCBのドクターのインスタグラムなどを拝見する中で、とても勢いを感じたことです。
組織としてすでに出来上がっている大手美容外科とは違って、この会社が大きくなっていく過程で、自分がそこの一員として携わることができるかもしれない、活躍できる場を与えてもらえるかもしれない、という期待感を感じ、入職を決めました。
また、見学に行った世田谷院の村田先生の人柄、アットホームな雰囲気と、居心地の良さも大きな決め手でした。あとはなんといっても、理事長の青木先生のかっこよさと、滲み出るオーラに圧倒されたことです!

東京中央美容外科・美容皮膚科|入職後どうだったか

定期的にあるミーティングでは青木先生との個人面談があり、今後の働き方や悩みなどを話せる場を設けていただけるところはとてもありがたく思います。
外科手技に関しても、複数名いる指導医の先生方に、ひとつひとつ丁寧に指導していただけるため、指導環境も整っていると思います。
自分にとってやりがいのある仕事ができて、給与面もよく、プライベートの時間も確保され、当直やオンコールのない今の生活にはとても満足しています!
TCBに入職してよかったと心から思っています!



ご応募・お問い合わせはコチラ
募集勤務  
お名前
性別  
ご年齢
ご住所 -
お電話 ※ご連絡のとれる番号をご記入して下さい
E-mail ※必須
担当科目
お問い合せ内容 その他(下記にご記入ください)
電話での問い合わせ