• 鎌倉アーバンクリニック在宅医療部
  • 用賀アーバンクリニック
  • 桜新町アーバンクリニック
  • 松原アーバンクリニック
  • イーク丸の内・表参道
医療法人社団プラタナスのロゴマーク
7つの分院で家庭医外来、訪問診療、健診を展開する
医療法人社団プラタナスの求人情報ページです
ニュースフィード
求人・施設情報
現在募集中の求人情報および各クリニックの施設概要です。
医療法人社団プラタナスでは、こんなドクターを求めています
2000年から患者視点での医療サービスの提供を理念とし、患者様に本当に必要とされる医療の実現を目指して、
クリニックの新設・運営を行ってまいりました。患者視点の医療を一緒に創っていくことに熱い想いのある方を求めています。
    募集中の職種:求人はありません
    施設在宅医療部
    東京都世田谷区用賀2-32-18-303
    施設在宅医療部では現在求人募集をしておりません。
    施設在宅医療部の施設情報
    医  師 常勤医師11名、非常勤医師18名
    ※法人内の他のクリニックとの兼務含む
    診療科目 訪問診療(有料老人ホーム)
    住  所 〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-32-18-303
    電話番号 03-3709-3180
    FAX番号 03-3709-3192
    公式サイト http://www.plata-net.com/zaitaku/
    募集中の職種:募集を行っておりません
    イーク丸の内・表参道
    施設情報はここをクリック
    【丸の内】東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル TOKIA 3F
    【表参道】東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル4階
    イーク丸の内・表参道では現在求人募集をしておりません。
    イーク丸の内の施設情報
    院  長 野口 由紀子(のぐち・ゆきこ)
    診療科目
    (専門外来)
    乳腺科、婦人科、内科、消化器内科
    住  所 〒100-6403 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル TOKIA 3F
    電話番号 03-5220-1070
    公式サイト http://www.ihc.or.jp/
    イーク表参道の施設情報
    院  長 渡邉 多代(わたなべ・かずよ)
    診療科目
    (専門外来)
    婦人科、内科、消化器内科
    住  所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル4階
    電話番号 03-6447-1561
    公式サイト http://www.ihc.or.jp/
    募集中の職種:常勤医師募集中非常勤医師募集中
    松原アーバンクリニック
    施設情報はここをクリック
    東京都世田谷区松原5-34-6 アリア松原1F
    松原アーバンクリニックは18床の在宅療養支援診療所として在宅患者様への
     ■ 定期往診
     ■ 臨時対応(コール指示、病院搬送指示、臨時往診)
    を行っています。また、
    医療法人社団プラタナスにて在宅医療に取り組んでいる全てのクリニックおよび主治医のバックアップクリニックを目指し、 担当する患者さんのレスパイト入院やトランジット入院を受け入れています。

    ***** 往診体制は主治医制を導入しております *****

    臨時対応についても、まず主治医にコールが入り状況を確認し、判断を仰ぐことになっています。
    主治医がコールを受け、臨時往診を必要と判断し、自分では動けない場合において主治医から日当直医に往診の依頼をする体制を組んでいます。
    松原アーバンクリニック
    松原アーバンクリニックの求人情報《常勤・非常勤》
    • 常勤医師
      (月~金/週4~5日)
    • 定期非常勤
      (火~金/週1~3日)

    常勤医師 求人情報

    職務内容 ■個人宅および施設(有料老人ホーム)への訪問診療
     ※夜間・休日等の緊急コール対応有(交代制)
     [訪問先]  個人宅:施設比 = 9:1
     [訪問件数] 8~10件/日
     [訪問体制] 医師1名、看護師1名、ドライバー1名:計3名

    《オンコール・臨時往診体制》
    ●担当回数:月7日程度(個人宅)
    ●コール頻度:平日夜間【0-1】件/休日【平均1.5】件未満
    ●出動(往診)体制

    休日・夜間は、病棟の当直医に代理往診を依頼する体制をとっており、臨時往診が必要な際は、コール対応医師から当直医に電話で往診依頼と申送りを行います。在宅経験のある当直医が、主治医の方針に基づいて診療を行います。

    ●出動(往診)頻度

    上記の通り、当直医が代理往診を行いますので、常勤医師は休日・夜間の臨時往診に対応する必要はありません。当直医の平均往診数は【0-1】件となっています。

    勤務時間 8:30~17:30(休憩1時間)
    勤務曜日 月曜日~金曜日
    《 常勤 》 週4~5日応相談
    対象となる方 臨床経験5年以上
    法人および当院の理念に共感して頂ける方
    ※訪問診療 未経験可
    待遇
    • A.臨床経験10年以上《管理職候補》
       年俸 1,700万円~+各種手当
    • B.臨床経験8年前後
       年俸 1,400万円~+各種手当
    • C.臨床経験5年前後
       年俸 1,200万円~+各種手当
    ※緊急往診手当(一往診1万円・運転手当5千円)

    ◆交通費支給、社会保険完備

    定期非常勤医師<火~金 週1~3日> 求人情報

    職務内容 ■個人宅および施設(有料老人ホーム)への訪問診療
     ※夜間・休日等の緊急コール対応有(交代制)
     [訪問先]  個人宅:施設比 = 9:1
     [訪問件数] 8~10件/日
     [訪問体制] 医師1名、看護師1名、ドライバー1名:計3名

    《オンコール・臨時往診体制》
    ●担当回数:月7日程度(個人宅)
    ●コール頻度:平日夜間【0-1】件/休日【平均1.5】件未満
    ●出動(往診)体制

    休日・夜間は、病棟の当直医に代理往診を依頼する体制をとっており、臨時往診が必要な際は、コール対応医師から当直医に電話で往診依頼と申送りを行います。在宅経験のある当直医が、主治医の方針に基づいて診療を行います。

    ●出動(往診)頻度

    上記の通り、当直医が代理往診を行いますので、常勤医師は休日・夜間の臨時往診に対応する必要はありません。当直医の平均往診数は【0-1】件となっています。

    勤務時間 8:30~17:30(休憩1時間)
    勤務曜日 火曜日~金曜日《 週1~3日程度 》
    ※火曜または木曜にご勤務頂ける方歓迎です。
    対象となる方 臨床経験5年以上
    法人および当院の理念に共感して頂ける方
    ※訪問診療 未経験可
    待遇
    • 日給 9万円(夜間休日の緊急コール対応あり)
    • 日給 8万円(夜間休日の緊急コール対応なし)
    ※緊急往診手当は別途

    ◆交通費支給、社会保険完備
    募集中の職種:求人はありません
    桜新町アーバンクリニック
    東京都世田谷区新町3-21-1 さくらウェルガーデン2階
    桜新町アーバンクリニックでは現在求人募集をしておりません。
    桜新町アーバンクリニックの施設情報
    院  長 遠矢 純一郎
    診療科目 内科、皮膚科、小児科、消化器内科、婦人科、心療内科
    禁煙外来 / もの忘れ外来 / 緩和ケア
    定期健診、特定健診、生活習慣病健診、婦人科検診
    外来診療の
    人員体制
    医 師:常勤2名、非常勤4名(婦人科1名、心療内科1名、内科2名)
    看護師:常勤3名
    受付事務:常勤2名、非常勤1名
    住  所 〒154-0014 東京都世田谷区新町3-21-1  さくらウェルガーデン2F
    電話番号 03-3429-1192
    FAX番号 03-3429-1662
    公式サイト http://www.sakura-urban.jp/
    募集中の職種:常勤医師募集中
    青葉アーバンクリニック
    施設情報はここをクリック
    横浜市青葉区市ヶ尾町1169 市ヶ尾STCビル5F
    ご家族や介護事業者と共に患者様の生活を支える在宅医療および窓口となる外来でのお仕事です。
    施設への訪問診療は、主治医による月2回の「集団診療」と、専門医による「個別診療」を組合わせた診療を行います。主治医の内科的全身管理に、専門医(皮膚科、精神科等)のきめ細かな診療が加わることで、無理なく質の高い訪問診療が継続でき、結果として、コール数の減少など、医師にかかる負担減にもつながっています。
    訪問先は看護師常駐の施設が多く、むやみなコールが発生しにくい環境です。また、バックアップコール体制、夜間・休日の臨時往診を担う専門医師、入院時の受入先の手配や緊急搬送の調整などを行う医療連携室の配置、訪問診療時に同行する看護師、事務スタッフによるカルテの代打ちのサポート等、医師の負担を軽減し、診療に集中できる体制を整えています。
    訪問診療は計画的に行いますので、比較的、時間の調整などもしやすい環境です。勤務日数のご希望や時短勤務などもご相談可能です。
    また、地域包括ケアの進展で個人宅への訪問ニーズも高まっていることから、個人宅への訪問体制も整えたく考えています。

    青葉アーバンクリニック

    青葉アーバンクリニックの求人情報《常勤》
    職務内容 ■訪問診療 (施設および個人宅)・外来
     ※業務の割合は【在宅3:外来:2】です
     ※現状、在宅は施設中心ですが、個人宅も増加の見込みです
     ※夜間・休日の緊急コール対応有
     [担当施設数] 3~4件
     [1日あたりの訪問施設数] 1~2件/日
     [1施設あたりの担当患者数] 30~40名(総担当患者数は150名以下)
     [訪問体制] 医師1名、看護師1名、医療事務(ドライバー)1名:計3名

    《オンコール・臨時往診体制について》
    ●コール頻度

    1施設当たり月平均14件(夜間については、2週間に1回程度)

    ●出動(往診)体制

    臨時往診が必要な場合には、待機中または近隣を巡回中の医師に臨時往診を依頼します。 休日・夜間は、病棟の当直医に代理往診を依頼する体制をとっており、臨時往診が必要な際は、コール対応医師から当直医に電話で往診依頼と申送りを行います。当直医は在宅経験のある先生ですので、主治医の方針に基づき診療を行います。

    ●出動(往診)頻度

    上述の通り、当直医が代理往診を行いますので、常勤医師は休日・夜間の臨時往診に対応する必要はありません。

    勤務時間 9:00~18:00(休憩1時間)
    勤務曜日 月曜日~金曜日
    《 常勤 》週4~5日 応相談
    《 非常勤 》週1~3日 応相談
    対象となる方 臨床経験5年以上
    法人および当院の理念に共感して頂ける方
    ※訪問診療 未経験可
    待遇 基本年俸 1,400 ~ 1,700万円 ※週5日勤務
    勤務日数の他、臨床経験、管理経験等を含めて応相談
    ※基本年俸 1,400 ~ 1,700万円(コール手当含)+特別賞与+往診等手当
      [ご参考]
    • A.臨床経験10年以上(職場リーダー)《1,700~2,100万円》目安
    • B.臨床経験8年前後《1,600~1,900万円》目安
    • C.臨床経験5年前後《1,400~1,800万円》目安
    ◆交通費全額支給、社会保険完備
    募集中の職種:求人はありません
    用賀アーバンクリニック
    世田谷区用賀2丁目41-17 1階・2階
    用賀アーバンクリニックでは現在求人募集をしておりません。
    用賀アーバンクリニックの施設情報
    院  長 田中勝巳
    標榜科目 内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、
    外科、脳神経外科、小児科、リウマチ科
    スタッフ 医師:7名
    看護師:6名
    臨床検査技師:1名
    薬剤師:4名
    医療事務:6名
    外来患者数 平均166人/日
    住  所 〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-41-17 1階・2階
    電話番号 03-5717-6331
    FAX番号 03-5717-6332
    公式サイト http://www.yoga-urban.jp/
    募集中の職種:求人はありません
    鎌倉アーバンクリニック
    神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-1-29 大崎ビル2F
    鎌倉アーバンクリニックでは現在求人募集をしておりません。
    鎌倉アーバンクリニックの施設情報
    院  長 高橋 究 (たかはし・きわむ)
    診療科目 小児科、内科
    住  所 〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-1-29 大崎ビル2F
    電話番号 0467-61-3305
    FAX番号 0467-61-3306
    公式サイト http://www.kamakura-urban.ne.jp/
働き方モデルケース
プラタナスグループで働く、ある医師の一日を追いました。
  • 一般在宅
  • 施設在宅
[常勤A医師の例]
プロフィール

世田谷区在住
2013年4月に非常勤から常勤勤務へ変更
4月までの2年間は、大学病院・がん専門病院に勤務しながら、プラタナスで訪問診療(週1日)を行う

    診療科
    呼吸器内科・在宅医療
    年 齢
    30代前半
    業 務
    個人宅への訪問診療

常勤A医師
コメント

2年前からプラタナスの非常勤医として在宅医療に関わりはじめ、主治医として在宅でのお看取りも経験しました。それ以来、病院での延命治療やお看取りに違和感を覚えるようになって、在宅専門医という道を選ぶことにしました。在宅医療は、医療提供者視点での治療よりも、患者さんやご家族に合わせた医療を提供できるところが魅力であり、患者さんやご家族との距離の近さも医師としてのやりがいにつながっています。

プラタナスには、在宅医療に取り組む多くの医師と看護師がいますので、多くの刺激を受けると同時に、グループ診療によって、オンオフをしっかり切り替えて働くことができます。例えば、夜間・休日の緊急往診が必要な場合、法人内の有床診療所の当直医に、緊急往診を依頼することができます。また、緊急コールの対応も、クリニック内の医師と看護師が輪番制で担当し、負担をみんなで分担する仕組みがあります。その他、独自開発のICTシステムや事務のサポート体制によって、雑務の負担なく、診療に集中できる環境が整っているところも魅力です。

現在は、日本在宅医学会の研修施設となっている桜新町アーバンクリニックで専門医資格取得のために研修中です。将来の開業も少し考えながら、在宅医療にどっぷり浸かって経験を積みたいと考えています。同時に、良質の在宅医療の普及のため、その啓蒙活動や仕組みづくりにも携わりたいと思います。

常勤A医師のある一日
    9:00

    勤務開始/多職種カンファレンス

    クリニックのスタッフ全員で集まって、昨晩の緊急コールの内容共有と、本日の訪問予定患者の情報共有をします。
    9:15

    定期訪問診療へ出発

  • 看護師、ドライバーの3人1組で訪問診療へ。
  • がん、認知症、脳梗塞後など幅広い疾患の患者さんを担当し、半日で4~5件程度の診療をします。
  • 診療記録はボイスレコーダーに録音して、専門の事務スタッフがカルテをテープ起こししてくれます。
  • 12:00

    昼休み(事務所で昼食)

    事務所では、皆で弁当を食べることが多いです。忙しい時は、診療チーム単位で外食を。
    13:00

    午後の定期訪問診療へ出発

    午後も4~5件程度の診療をします。緊急往診が入ることもあります。
    17:00

    診療終了/事務所で書類等の作成

  • 書類作成などの作業は、事務スタッフがサポートしてくれるので、事務作業はほとんどありません。
  • 状態が不安定な患者さんについては、当番のコール担当者に申し送りを行います。
  • 18:00
    ~19:00
    勤務終了(帰宅)
[非常勤B医師の例]
プロフィール

世田谷区在住
二人のお子さんを育てながら、週3日勤務
仕事とプライベートをバランス良く両立

    専門科目
    循環器内科
    年 齢
    30代前半
    業 務
    担当する有料老人ホームへの
    定期訪問診療業務

非常勤B医師
コメント

施設での在宅医療は、画一的な標準的治療を求める病院とは違い、ご入居者様にとってご本人らしい生活を送るためのテーラーメイドの治療とは何か、という視点で、ご家族、施設スタッフ、連携病院等と協力して、ご入居者様の穏やかな生活の実現をサポートしています。

治療面では、内科の他に、小外科や皮膚科的な処置を行うことも出来ます。ポータブルの心電図やエコーなどを使うことも出来ます。一般在宅と比べ、多くの高齢者の方に関われるので、在宅医療の経験値を短期間に高めることも出来ます。

診療では、主治医として責任を持って仕事に関わることが出来ます。主治医としてのやりがいがある一方で、負担もありますが、クリニックのバックアップや施設の協力体制が整っていますので安心して診療が出来ます。電話での指示で済む内容も多く、病院よりも拘束時間は少ないなど、トータルで考えると負担が少ないと感じられると思います。

非常勤B医師のある一日
    9:00

    勤務開始

    検査書類や紹介状の確認
    9:15

    ホームへ出発

    看護師、事務スタッフとともにホームへ
    9:30

    ホーム往診開始

  • 診察前打ち合わせ:ホームの看護師から申し送りを受け、往診の段取りをします。
  • 診察:ご入居者さまの居室を巡回し診察します
  • 診察後打合せ:診察結果を元に処方箋、検査、病院受診、家族ムンテラ等の対応についてホームの看護師、クリニックの看護師等と検討します。
  • 12:00
    往診終了/昼休み(事務所で昼食)
    13:00

    事務作業
    セカンドコール待機

    事務所にて、主治医意見書・家族報告書などの作成やカルテ作成を行います。残りの時間は医師相互でシフトを組んでバックアップとして待機します。
    16:30
    勤務終了(帰宅)
メッセージ
医療法人社団プラタナス理事長の野間口、ならびに総事務長の大石から、
このページをご覧いただいたみなさまへのメッセージです。

野間口聡 理事長
 医療法人社団プラタナス 理事長の野間口より御挨拶を申し上げます。
 当法人の成り立ちは、2000年12月の用賀アーバンクリニックの開業に端を発します。私達医療サービス提供者の目線だけではなく、医療サービスを受ける患者様の目線で、望ましい医療サービス提供を試みました。
 難しいとされる複数医師によるグループ診療は、タレントに恵まれて現在も成功裏に継続し、地域の皆様に受け入れて頂いていると自負しております。
 2004年の医療法人化以降も上記基本コンセプトを基に、本院にはない特徴を持った有床診療所、在宅診療部門、女性に特化した健診部門等の分院を展開、そしてそれらはいずれも幸いなことに患者様・利用者様からの支持を頂き、その規模を拡大しつつあります。
 法人の私どものコンセプトに共鳴し、共に道を歩んで頂ける方を求めています。この法人案内、求人案内を御覧頂き、その意志のある方々の参画を歓迎します。皆様との出会いとその後のご縁がありますことを切に希望しております。


大石佳能子 総事務長
 プラタナス総事務長の大石です。経営全般を担当し、理事長の野間口先生をサポートしながら、二人三脚で法人の運営に当たっています。
 ご存じのとおり日本の医療を取り巻く環境は高齢化と経済情勢の悪化に伴い、益々厳しくなっています。当法人のコンセプトは、そのような状況下でも医療職が「純粋に患者さんだけを向いて、仕事が出来る」環境づくりです。医療の提供者が幸せで、仕事に充実感をもっていないと、患者さんを幸せにすることは出来ません。
 私たちは3つのことに重点を置いています。一つは、患者視点を重視した明確な「理念」を持ち、徹底することです。これは関連法人である鴨川の亀田総合病院グループより学びました。二つ目は、「仕組み」づくりです。一人の赤ひげ先生、一人のナイチンゲールの頑張りに頼るのではなく、グループ診療、チーム医療、持ち回りのコール体制、医療と経営の分離等、様々な革新的な仕組みを構築しました。三つ目は、人に大事にすることです。スタッフ一人一人が患者さんに最高の医療を提供するための重要な人材です。皆が成長の実感を持ち、日々充実して仕事に当たれるよう努力しています。
 当法人にご興味頂いた方は是非、ご見学にいらして下さい。就職予定でなくとも、常時ウェルカムしています。
クリニック4つの特徴

「患者視点の医療」を理念として、2000年に開業して以来、グループ診療による家庭医機能の提供、電子カルテの導入、カルテの100%開示、地域医療機関との診療情報共有など、新しいことに積極的に取り組んできました。常に新しい試みを意識し、これからも継続して挑戦していきたいと思っています。
現在、東京・神奈川に7つの分院を展開しています。そのうち5つは地域のプライマリケアを担い、外来、在宅を行い、患者さん・家族を一生涯診る「家庭医」型のクリニックです。

プラタナスネットワークはここが違う
プラタナスネットワークは、他の医院とココが違う!
急速に進む高齢化を背景に、この数年間、在宅医療を受ける患者数は1年間に約30%のペースで増加して35万人以上となりました。厚生労働省はこれからも更に在宅医療を促進していく方向性を打ち出しています。今後、「家庭医」、「開業医」を目指す、あるいは追求していくなかで、ニーズの高まる「在宅医療」は必須の要件になってきています。
医療法人社団プラタナスでは、50名の各科目の専門医師(内科、リハビリ、緩和、認知症等)の体制で、ご自宅や老人ホームで療養されている1,800名以上の患者様を対象に訪問診療を行い、年間250名を看取っています。当院の「在宅医療」の特徴は以下の4つです。
  • 在宅のバックベッドとしての
    「有床診療所」
  • 専門性と社会性を学べる
    「研修プログラム」
  • 在宅診療のための新しい
    「組織・システム」づくり
  • チーム医療・地域連携を
    重視
緊急時やご家族のレスパイトのためのショートステイに対応するために、在宅医療でのバックベッドの必要性を感じて18床の有床診療所を作りました。病院とは異なる、より患者宅に近い有床診療所という環境を活かし、在宅⇔入院というシームレスで継続的な診療を行いながら、最期まで患者様に寄り添った医療を行うことが出来ます。終末期・緩和医療にも力を入れ、年間100名以上の方をお看取りしています。
当院は、日本在宅医学会・専門医認定制度の研修施設です。認知症、緩和ケア等の科をまたいだ専門性を学ぶとともに、コミュニケーション、チームアプローチ、患者家族ケアなどの「社会的側面」も学べます。このため、院内の指導体制を整備するとともに、定期的に外部講師を招いた研修や勉強会を行なっています。勉強会には連携先のスタッフも招いて、一緒に学び、意識や価値観の共有もはかっています。また、経営に興味のある方には専門的な経営が勉強できる機会も提供します。
複数の医師でグループを構成し、コール、往診をサポートしあう仕組みや外出先でいつでも患者情報が見られるようにiPhone、iPadを使った情報共有を行なうことで、休日や夜間のコールや臨時往診の際に別の医師でも対応できる体制を作っています(詳細後述)。また、在宅医療のための事務支援システムの開発など、医師のためにも、患者様のためにもなる在宅医療をシステムの面からも作っています。
院内外の医師と看護師のチーム体制で診療を行っています。院内のカンファレンスに加えて、連携先スタッフも招いたカンファレンスや勉強会を定期的に開催したり、当院で開発した「地域連携カルテ」によって情報共有をおこなったりして、地域連携の強化にも力を入れています。また近隣の病院とは密な連携体制をとり、緊急時の入院にも対応できる体制を整備しています。
ご応募・お問い合わせフォーム
常勤求人へのご応募ならびにお問い合わせはこちらのフォームからお送りください。
折り返し、担当者からご連絡させていただきます。
※非常勤求人への応募は、施設ごとに専用のページが用意してありますので、そちらからご応募ください。
今回ご送信いただく
目的をお聞かせください
常勤医師求人への応募  お問い合わせ
応募先またはお問い合わせ先
(複数選択可)
常勤医師 求人募集中の施設
松原アーバンクリニック
青葉アーバンクリニック
常勤医師の求人募集をしていない施設(お問い合わせのみ承ります)
施設在宅診療部
桜新町アーバンクリニック
イーク丸の内
イーク表参道
用賀アーバンクリニック
鎌倉アーバンクリニック
必須お名前  名(全角)
性別 男性  女性
年齢
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認用)
※記入間違いを防ぐため、もう一度同じアドレスを入力してください
医師免許取得年 西暦 
※医師免許証に記載の年を西暦でお書きください
担当診療科
※内科、整形外科など、担当されている診療科を記入してください
取得資格等
※認定医、専門医、指導医など、お持ちの資格があればご記入ください
お問い合わせ内容
お問い合わせの事項にチェックを入れるか、"その他"欄にご記入の上送信して下さい
面接を受けたい
見学をしたい
詳しい話を電話で聞きたい
連絡先のお電話番号とご希望の日時をご記入ください
お電話番号(半角数字 例:03-3709-2981)
自宅  携帯電話
ご連絡を差し上げる場合のご希望の日時
分頃
※3日後から3ヶ月先までの日付をご指定いただけますが、日程について、ご希望に沿いかねる場合がございます。予めご了承ください。
資料・パンフレットなどを送ってほしい
資料の送付先をご記入ください
郵便番号(半角数字 例:107-0052)

都道府県

住所(都道府県以下)例:港区赤坂4-9-17 赤坂第一ビル5F
ご質問やご希望など、ご自由にご入力ください

おすすめ求人

  • 直原ウィメンズクリニック
  • 長野県医師紹介センター
  • 大阪民主医療機関連合会
  • 矯正医官
  • 山口県 地域医療