HOSPITAL INFO

バックナンバーはコチラ

72


患者さんに常に優しい医療を
特別・特定医療法人 愛仁会 高槻病院

 特別・特定医療法人愛仁会 高槻病院は愛仁会の2番目の法人病院として千船病院(大阪市西淀川区)に次いで、1977年に開設された。少子高齢化が進む現在だからこそ周産期医療の果たすべき役割は大きいが、高槻病院では開設以来、新生児・未熟児集中治療室(NICU)を有するなど、産婦人科、小児科の充実ぶりで知られてきた。2001年には大阪府で2番目となる総合周産期母子医療センター(MFICU)を開設し、一層整備された体制となっている。さらに内科、外科も高い専門性を誇り、上級医はほぼ専門医を取得している。臨床研修必修化前から独自に行ってきた研修プログラムは今なお全国の医学生の注目を集める。

  今回は仲田裕行院長にお話を伺った。

◆仲田裕行院長 プロフィール

  1952年に大阪市で生まれる。1979年に神戸大学医学部を卒業後、神戸大学医学部第一内科教室に入局する。1985年に神戸大学大学院を修了し、国立明石病院(現 明石医療センター)に勤務する。1989年に高槻病院に着任し、呼吸器内科医長を務める。その後、1999年に副院長となる。2002年に高槻病院で初めて高槻市医師会の理事に選任される。2004年に院長に就任し、現在に至る。
日本呼吸器学会専門医。高槻市医師会理事。

  <病院の沿革>

 1958年11月に大阪市西淀川区に千船診療所が3人の医師によって開設された。それは同時に医療法人愛仁会のスタートでもあった。そして診療所は千船病院へと変革を遂げる。さらに高槻市の医療需要を見越して高槻病院の設立へとつながっていった。千船病院は産婦人科、小児科を中心とした医療活動を展開しており、高槻市でも同様の医療を行うことになった。一方、高槻市には大阪医科大学が存在することなどから、当初は医師会などからの反対もあったという。

しかしながら1977年に180床で高槻病院を開設するやいなや、病床は瞬く間に満床続きとなった。そこで1982年に隣接する現在地に新築移転を行う。なお旧病院は現在、愛仁会リハビリテーション病院となり、「都市型リハビリテーション病院」として高い利便性を持つ病院として知られている。
新築移転から5年後にはOGCS(大阪府産婦人科医療相互援助システム)に参加の運びとなり、新館を増築して477床と現行の病床数となった。
さらに1997年には臨床研修指定病院となる。仲田院長はこれが高槻病院の沿革を語るうえで大きなエポックとなった出来事だと位置づける。
「立候補の手を上げている病院は少なかったですし、無理ではないかという声もあったのですが、診療科を整備し、指導医を増やすなど、筒泉正春副理事長が院長時代に大変な努力をされて、認可に至ったのです。医師の確保につながるという将来構想がありましたし、研修医を育てることのできる病院という存在は大きなPRになります。そして当時は医局との関係も強かったのですが、そういうPRポイントがあれば専門医を指導医として派遣してもらえるかもしれないという狙いもありました。」
ところが最初は研修医の確保がままならなかったという。そこで神戸大学の2年目の研修医のうち、市中病院に興味のある研修医を集めて、内科、外科、小児科の研修を行う体制を作った。
2004年に臨床研修が必修化されたが、このときには高槻病院は既に人気病院となっていた。
「必修化前に私どもで研修した医師が大学院生になっていたんですが、そこで学生と触れ合う機会が多く、良かったと言ってくれて口コミで広まったようです。お蔭様で初年度は5倍、現在も3倍ほどのマッチング希望者がいらっしゃいます。」
前後するが、2001年には東館を増築し、総合周産期母子医療センター(MFICU)を新設し、ハイリスク妊産婦や胎児の管理機能をさらに向上させた。
2005年には地域医療支援病院の認定を受けた。大阪府北部の基幹病院として、ますますの発展が期待される。

  < 病院の特徴 >

総合周産期母子医療センター(MFICU:NICU)

6床の総合周産期母子医療センターはOGCS(大阪府産婦人科医療相互援助システム)の参加施設であり、他の基幹病院との連携を密に診療を行っている。昨年度の入室者数は268人であり、主な診療内容として、切迫早産、切迫流産、前期破水、双胎、胎児ジストレスなどが挙げられる。
またNICUは今年6月に3床増床し、21床と充実した規模である。
「出生率が低下しているにもかかわらず、高いニーズを頂いています。最近のお母さんたちは開業医よりも大きな病院で産みたいという希望を持っておられる方が多いようで、私どもでは他科を減床し、産婦人科を5床増床しました。まずは玄関口となる産婦人科のパイを大きくしないことには始まりません。その後、ハイリスクであればNICUに行って頂くという流れですから。産婦人科を縮小している他院さんの話はよく伺いますが、私どもは小児科、産婦人科の医師を集めて相談し、母子センター委員会でも討議して迷いなく増床を決めました。」
センターの開設後、母子同室も開始された。また母乳栄養管理も徹底して行っている。また助産師を約50人擁するという恵まれた陣容から産後のフォローアップも手厚い。

小児科、小児外科

  小児科ではNICU入院数の増加などから、紹介患者数、入院数ともに3年連続で増加している。数多くの専門外来は特筆すべきであろう。アレルギー外来、発達外来、神経外来、在宅ケア外来、小児リハビリ外来、腎外来、心外来などである。アレルギー外来では、気管支喘息に対し、鍛錬療法として喘息児ハイキングを企画している。
乳児健診も積極的に行う。月間の総受診者数は400人前後と高い数字で推移している。成長発達に何らかの問題がある場合は発達外来へ紹介し、フォローアップする。また生後3ヶ月には先天性股関節脱臼のX線による早期診断を行い、整形外科と連携して早期治療に当たっている。
小児外科では心臓外科を除く、一般外科の診療を行う。従来から気道外科が著名であり、昨年は気道狭窄に対して高度な技術を要する内視鏡下手術は57件を数える。特に超未熟児消化管穿孔の症例数は全国有数である。
「部長である山本哲郎医師の薫陶を受けた指導医が2人おりまして、小児外科専門医を志望する研修医の教育にも熱心です。このところ新生児外科領域では従来の先天奇形を中心としたものから未熟児周産管理に起因するものへと重症児の疾病構造の変化があるようです。今後は後期研修医の受け入れも考えています。」

内科

消化器内科、内分泌代謝内科、神経内科、循環器内科、呼吸器内科と標榜する科目は多く、高い専門性を持つ。
消化器内科では昨年度に大きく増加したのが、内視鏡的胃瘻造設である。このうちほとんどが誤嚥性肺炎であり、高齢社会の進展とともに今後も増加を見込んでいる。
内分泌代謝内科では糖尿病入院数が多い。栄養科の協力による継続栄養指導が定着し、糖尿病教室も患者さんから好評を博す。
神経内科も対象患者の高齢化が進み、入院患者の半数以上が脳梗塞である。隣接の愛仁会リハビリテーション病院との連携を推進する。
循環器内科では冠動脈インターベンション症例が多い。また循環器科開業医との病診連携が活発であり、インターベンション、心臓カテーテル検査ともに紹介患者数の割合が40%を超える数字に表れている。 「私が所属している呼吸器内科でも紹介患者さんが年々増加傾向にありますね。疾患としては肺炎、肺がんが主です。肺がん症例を中心に呼吸器カンファレンスを呼吸器外科、放射線科、臨床病理科と合同で毎月行っており、盛んに意見を交換しています。」

外科、胸部外科、整形外科

2005年度、外科では619例の手術症例があり、前年度に比べ100件以上の増加をみた。疾患別では大腸がんの増加が著しい。乳がんも依然として多く、乳腺外来の強化を目指すという。
胸部外科は呼吸器外科と心臓血管外科に分かれる。特に血管内治療の症例は著しい数である。
  「外科にも十分な技術を持った医師がたくさんおります。研修医が増加したことで数的には充足していますが、質の面からは救急体制の整備を行いたいですね。」
  また盲腸ポート術も特筆すべき治療であろう。これは盲腸にポートを挿入し、浣腸液を入れるもので、脊髄障害などで便秘になった患者さんの排便障害を取り除く福音となった治療である。
  整形外科では人工関節置換術の症例数が多く、2005年度は90例を超えている。また救急医療にも積極的に対応する。

精神神経科

  杉林稔医長のもと、行き届いたコンサルテーション・リエゾン活動を行う。閉鎖病棟ではなく、一般病棟での診療ゆえにうつ病、不安神経症などの症例が多い。
臨床心理士による心理療法ではカウンセリング、芸術療法、遊戯療法などを行い、NICUでの心理ケアにも取り組む。
「杉林医師はCS委員会にも所属し、精神科医の立場から患者満足、医療倫理、また接遇に関してもリードしてくれています。私どもの理念に沿った医療活動を行うためにも精神神経科の在り方は重要だと思っています。」
放射線科

  放射線科は診断医と治療医の2人体制となっている。診断医は診断だけでなく、インターベンションも行い、治療医は長い経歴を持つベテランである。
「現在のところ、頭頸部の症例が不足しています。肺がん、乳がんは多いのですが、全体的に放射線治療の症例数を増やしていきたいと考えています。」
病理科

  高槻病院には病理科常勤医が1人在籍している。この規模の市中病院で、病理医が常勤していることは極めて稀であろう。もともと高槻病院では病理解剖を重要視しており、現在も15~30%の高い剖検数を保っている。
「私どもでは年間約350人前後の方が亡くなるのですが、そのうち70人前後のご献体を頂いています。これは主治医と患者さんのご家族との信頼関係の賜物だと感じています。また研修医にとっても病理医との距離が近く、一緒に顕微鏡を覗くという経験はかけがえのないものです。患者さんの入院、治療、そして亡くなった後という最後の最後で病理診断のカンファレンスをするのは、医師にとって忘れられない経験になります。そのカンファでは主治医によるプレゼンのあと、内科医全員でのディスカッションを経て、病理医がマクロ、ミクロの両面から最終診断を行います。ご献体を無にしないで、明日の医療に役立たせる、まさに『生きた』勉強であると言えますね。」
  <運営・経営方針>


愛仁会

  設立者の意志として「オーナーを作らない」とあり、社団法人である愛仁会は社員と呼ばれる40人前後のメンバーで構成されている。年2~3回の総会を開いて、合議制で予算、施策などを決定する。月に1回の理事会では様々な問題を議論しあい、法人としてのルールを決定するなどしている。


臨床研修指定病院

  前述したように高槻病院で研修したいという医学生は多く、マッチングでは大変に狭き門となっている。研修プログラムの特徴はコースを5つに分けていることにある。これは内科、小児科、外科、産婦人科、そして自由である。
  「私どもでは必修化前からスーパーローテート方式を取り入れていました。そして2年目にはある程度使える医師になっていたのです。その経験を生かし、入り口の時点でコースに分けておけば専門性を打ち出せる医師を育てる教育ができると考えました。しかし最初から専門を決めかねる研修医が多く、自由コースが一番人気があるのですが(笑)。マイナー科を専門にしたい学生は自由を選択することをお勧めしています。私どもは専門性が強みですから、2年目の「選択」では既に専門科が決まった研修医には専門科に行かせています。」

地域医療支援病院

2005年に大阪府で4番目となる地域医療支援病院の認定を受けた。この認定には地域医療室の存在が大きかった。地域の開業医と高槻病院の医師が直接のやりとりを行うのではなく、入院に関しては全て地域医療室が仲介を行い、紹介患者さんの確実な把握に努める。また開放型病床も有し、オープン検査なども行っている。オープン検査ではCTやMRIなどが中心で、月200件を数えるという

「検査の所見も郵送ではなく、スタッフが足を運んで持って行っています。そうしたサービスで地域の信頼を頂け、高い紹介率に結実したようです。」

DPC対象病院

今年度からDPC対象病院となったが、今年の診療報酬改定でも特にマイナスにはなっていないという。平均在院日数も12.1日と安定し、新入院患者数を確保しているため病床利用率を保っている。
「経営的には抗生物質や造影剤などでジェネリック薬品を導入したり、診療材料の見直しを進めたことも大きかったと思います。」

  <今後の展望>

 患者さんの満足といっても、その定義は様々でしょうが、私は「この病院に来てよかった」「この病院を周りの人に勧めよう」と思って頂けることだと思います。患者さんの心に寄り添った接遇をこれからも実践していきたいです。
一方、建物が老朽化してきましたので、効率的な投資を考えていかなくてはいけません。診療科の強みと絡めてやっていきます。ICUは6床に増床したところですが、今後重症度が増すと思われますので、さらに増床を計画しています。私どもの理念に則った医療、患者さんに常に優しい医療をこれからも提供していきたいですね。母子医療は「優しさの原点」と言われていますが、心優しいメッセージをこれからも発信していきます。

  <メッセージ>

 医師がよく働くと、コメディカルも働きます。そして私どもはよく働く職員が称えられる風土になっており、スタッフ一同に感謝しています。 急性期病院の勤務医は過酷な労働条件を強いられていますが、私どもは医師を大切にする病院です。熱意、熱いハートを持った医師がたくさんいます。急性期医療は誰かがやらなければいけません。この地域での急性期医療を誰がするのですか?「私がやるんだ」という強い意志を持った方に来て頂きたいと思います。

  <病院理念>
特別・特定医療法人愛仁会 理念
1. 広く社会のためにより良い医療サービスを提供し、健康で豊かな生活の増進に貢献する。
2. 法人活動の成果は明日の医療の発展と福祉の向上に活用する。
3. 地域社会との協調を深め、創意工夫をこらして法人の健全な発展を図る。
4. 医療人としての使命を自覚し、学識・技術の研鑽と人間性の向上に努める。
5. 自主性と和の精神を重んじ、法人に働く誇りと喜びを共にする。
特別・特定医療法人 愛仁会 高槻病院の求人票はこちら
  <アクセス補足>
JR京都線 高槻駅 徒歩7分
阪急京都線 高槻市駅 徒歩12分

2006.12.01 掲載 (C)LinkStaff

バックナンバーはコチラ