HOSPITAL INFO

バックナンバーはコチラ

- 特定医療法人  大道会 大道病院 -
大阪府大阪市
-病院の沿革-

 地下鉄中央線緑橋駅を降り、今里筋を歩くこと約10分。通り沿いに面して地上6階地下1階の大道病院はある。JR学園都市鴫野駅にも近く、こちらは毎年多くの見物客で賑わう、だんじり祭りのルートでもある。「戦災によって診療所を中心に多くの病院が破壊・焼失しました。その混乱の中から立ち上がったのです」。穏やかに語り始める大道道大院長に今回、お話をうかがった。当時、地域医療に不可欠だったのは救急医療と感染症対策であり、病院も一時は結核病棟を持ち、救急もフル稼働していた。月あたり、救急車による搬送が1000台という記録も作ったという。病院は6階建てながら詰所が1カ所しかなく、「医師も看護婦も少なくて、今から考えると恐ろしい。しかしそれだけ医療従事者が少なかった」と語る。

 昭和29年、医療機関の少なかった城東区に大道医院(大道病院の前身)は開設された。以来、昭和38年に鉄筋コンクリート4階建てに改築(138床)。翌年には第二棟を増築(205床)し、その後も2度の増築を重ね、現在は245床を数えるまでになった。その一方で、昭和57年には脳卒中や脳性まひなど、中枢神経障害に対するリハビリテーション医療を推進するため、ボバース記念病院(282床)を開設している。「日本よりも外国でのほうが有名じゃないかな」と、大道院長。地域の人たちの願いに応えて、大道病院は現在も施設・設備・サービスの充実を努めており、将来的に大規模なリニューアルを図る予定だ。

-病院の特徴-

 大道病院では、いつ、どこでも、だれもが適切な診療を受けることができるように、24時間の救急体制をとっている。大阪府の救急指定を受けたのは昭和34年だという。病院のある城東区は大阪23区の中でも高齢者率が高い。それゆえ地域住民にとって、いつでも診療を受けられる大道病院の存在は大きい。しかし「ただ規模や施設が大きいからといって胡座をかいていてはいけない。過去の実績だけでいいわけがない」と大道院長は自戒する。

 地域の健康を守るという視点から、地域のニーズに合った医療を心がけ、昭和48年に人工腎センター(当時10床、現在27床)を開設。またCAPD外来を昭和60年から開始するなど「専門外来」という形で実現してきた。また予防活動や健康増進を目的とした啓蒙活動の一環として、月に一度「健康教室」を開いている。その参加者が自発的に結成し、交流する「健康教室友の会」や地域の人たちの声をすくいあげ、病院経営に反映させるモニター制度。そして医療制度や家族関係など病気にともなう悩みごとを共に考える医療相談室など、窓口は常に開かれている。もちろんスタッフの研修にも力を注ぎ、医療技術とサービスの向上のために各種研修会、委員会、勉強会、QCサークルなどを通して、医療の質をより高めるための努力を惜しんではいない。

 そして従来、病院内の一部門とされてきた人間ドッグを、よりサービスを向上させるため平成8年に帝国ホテルクリニックとして独立させ、同年に大阪市の地域医療計画に沿って開設した在宅ケアサービスを提供する訪問看護ステーションおおみちも開設した。さらに平成10年に老人保健施設グリーンライフを加えるなど、地域医療にとって、もっとも代えがたいもの「安心」を提供することを心がけている。それが大道病院の健康をつくる"健康院宣言"として表されているといえよう。

 

-運営方針・経営理念-

 患者の立場に立ち、人間味のある、優れた医療を地域の人たちに提供し続けることが信頼される医療を生み出す。この思いから大道病院は誕生した。その理念は今も変わらない。その思いは24時間救急体制の確立、高度専門医療への取り組みなど、確かな形となって実現している。「大阪の医療はこの40年間、民間が支えてきたという現状があるし自負もあります。基本的には地域の病院であり続けたい」と地域のための病院というスタンスは変わることがない。それを踏まえた上で、地域のニーズは時代と共に変わっていくものであり、そのキーポイントが「小児救急」だという。そのためのスタッフ確保は難しいが、今後考えていくべきことの一つであり、実現したいと考えている。またICU、CCU、急性期病棟、慢性期病棟、療養型そして在宅医療と、トータルな医療体制を進めてきた中、本年、社会福祉法人特別養護老人ホームを収得したことで、福祉までをカバーできる目処が立ったという。病院本体のリニューアルにあたっては、かなりユニークな構想があるとのこと。「基本的なコンセプトは日本で一番、病院らしくない病院を創ることです」と語る。21世紀の一つの病院モデルともなるかもしれない、という予感を感じさせつつ病院を後にした。

■ 私達病院のテーマ
  特定医療法人 大道会 大道病院
  ● 社会から信頼される病院づくり
● 安定した経営基盤の確立
● 職員の福祉向上と人材育成
 

 

2001.1.1掲載 (C)LinkStaff

【HOSPITALINFOバックナンバーリストへ】