HOSPITAL INFO

バックナンバーはコチラ

121

求人票はコチラ

社団法人 京都保健会
京都民医連 中央病院

プロフィール

京都民医連 中央病院

 「民医連」と呼ばれる全日本民医連は正式名称を全日本民主医療機関連合会といい、1953年に設立された。以来、「国民の命と健康をまもること」を目的に、2001年1月現在、病院が155、診療所538(うち歯科診療所65)、保険薬局、訪問看護ステーション、老人保健施設、特別養護老人ホームや看護学校など756施設、合計1449の医療・福祉施設が加盟し、全ての都道府県に施設を有している。
 京都民医連中央病院は京都民医連のセンター病院である。京都市中京区の閑静な住宅街に位置し、京都市西北部の急性期医療をリードしてきた。一方、地域の公益性を大切にしながら、地域医療を手厚くサポートしている。また、臨床研修にも力を入れ、外国人医師を含む多彩な外部講師を招聘するなど、全国の医学生から注目を集める存在となっている。
 今回は吉中丈志院長にお話を伺った。


吉中丈志 院長プロフィール

1952年に山口県熊毛郡田布施町に生まれる。1978年に京都大学を卒業後、北病院(現 おおみや葵の郷・葵会北診療所)で研修を行う。1979年に上京病院で研修を行い、1980年から引き続き上京病院に勤務する。1985年から1986年にかけて神戸市立中央市民病院(現 神戸市立医療センター中央市民病院)、小倉記念病院、国立循環器病研究センターで研修を行う。1987年に京都民医連中央病院に着任し、カテーテル検査部門、ICUなどを立ち上げる。1990年に上京病院に着任し、1995年に院長に就任する。2002年に京都民医連中央病院に院長として着任する。
日本内科学会認定内科医、総合内科専門医、日本プライマリーケア学会認定医、日本循環器学会認定循環器専門医、臨床研修指導医。



病院の沿革

 戦後、医療に恵まれない人々の要求に応えるべく、地域住民と医療従事者が協力し合って、全国各地に病院や診療所が作られた。全日本民主医療連合会はそれらの連合体として、1953年に結成された。
 京都でも、「安心してかかれる病院がほしい」という地域の人々の声があり、多くの診療所が開設され、それが京都民医連へと結集していったという。1960年に開設された「右京診療所」が現在の京都民医連中央病院の前身である。現在地から太子道通を西に進んだ場所が開設地に選ばれた。

 「国民皆保険制度が始まったのが1961年ですから、それまでは結核の薬であるストレプトマイシンなどは保険が利かず、高額な費用になっていたんですね。田舎でしたら田畑を売って、医療費に充てていたような時代ですが、この地域では皆がお金を出し合って、場所を提供したり、煮沸消毒用の鍋や釜を持ち寄ったりして、診療所を作ることになったんです。そういった動きに京都府立医科大学の医師たちが共感し、右京診療所が開設されました。ほかに上京、仁和、盛林診療所が開設されましたが、全国の民医連の病医院はほとんどがそういう歴史を持っているのではないでしょうか。」

 1962年には27床の右京病院が開業し、1967年、1971年の増築で115床まで拡大した。

 「開設当時のメンバーに京都府立医大の泌尿器科の助教授だった先生がいましたし、京都府立医大では腎移植を積極的に行っていたのですが、それに関連する教室の医師が何人かこちらに来ていたことで、人工透析を早くから手掛けていたことが当時の特色ですね。」


 1973年に近畿高等看護専門学校を開校する。当初は准看護師が正看護師としての資格を得ることを主な目的とした学校だったという。この看護学校は西院に開校したのち、二条に移るが、現在は右京病院の跡地に移転し、次世代の看護師の教育に力を注いでいる。

 1977年に「京都民医連第一次長期計画」が持ち上がり、京都民医連のセンター病院建設を確認し、右京病院が準備病院に決定した。吉中院長が大学を卒業したのが1978年である。

 「1970年頃に若い医師が民医連に就職するようになってきました。ちょうど学生運動が盛んな時代で、問題意識を持った若者が多かったんですね。一方で、勤務医の数が開業医の数を抜き、医療が病院中心に変わっていった時代でもありました。こういった流れの中で、どういう臨床研修を行うべきかという議論が湧き起こり、若い医師をきちんと育成する病院を作ろうということになったんです。」

 現在地となっているセンター病院の開設地はもともと日本レースという企業の工場があった場所だが、企業が倒産したため、その跡地を買い取った。工場の従業員の一部はセンター病院の事務員として採用されたという。そして1987年に開設し、京都民医連中央病院という名称が定められた。

 「患者様の期待も大きかったですし、私どもとしても、それまでより1ランク上の医療を行い、研修が充実した病院にしようという意気込みがありました。」

 1990年以降には介護事業所も次々にオープンし、2000年に介護老人保健施設西の京の開設につながった。
 1998年には厚生労働省から臨床研修指定病院の認可を受けた。

 「私どもが開設した1987年頃、当時の厚生省が研修制度の改革を模索し、聖路加国際病院の日野原重明先生がリード役を務めていらっしゃいました。私どもでも静岡市立静岡病院や天理よろづ相談所病院を参考に、カリキュラムなどを考えていたのです。それからしばらくして、上京病院の113床のうち30床を私どもに移すなどして、300床を確保しました。放射線科の2名体制を構築することなど大変なことも多く、京都大学医学部や京都府立医大にお願いしたり、指定までには長く時間がかかりました。」

 京都民医連中央病院は以来、医学生の人気を集め、多くの研修医を育ててきた。吉中院長は「指導医が自分の勉強もさることながら、地域の人々のためにという共通の感覚を持ち合わせていたことが教育のベースになっている」と語る。吉中院長のみならず、神田千秋前院長もほかの病院に研修に赴くなど、スタッフが皆、教育病院を作りたいという当初の目的に向かって邁進していた。病理医の体制も充実させたほか、基金を作り、専門研修制度を構築した。

 「私自身の研修医生活を振り返ると、やはり訪問診療に数多く行き、患者様が家庭でどんな話をして、どんな生活をしているのかを見たことがとても勉強になりました。腎不全で糖尿病も併発し、視力も悪くなっている患者様はお嬢さんも慢性腎炎を患っていました。そのお宅に伺って、透析を勧めたかったのですが、『娘の方が大事だ、私は家にいる』とおっしゃるんですね。私は思わず涙が出まして、医学的に正しいことが患者様にとっては必ずしも正しいわけではないと学びました。また、ある患者様からはタケノコ医師だと言われました。ヤブになる前だということです(笑)。そんなふうに地域の方々に育てていただき、若い頃に医師としてのあり方やマインドを身に付けられたと思っています。」

 吉中院長は循環器が専門で、現在のPCIの前の主流であったPTCRを積極的に行ってきた。京都民医連中央病院はPTCRを24時間体制で行える数少ない病院で、一晩に4件をこなしたこともあるという。

 「皆が若かったし、頑張れたんですね。私ももう一人の医師と交替で、土曜の夜に当直をしていました。その頃のPTCRを行った患者様で今も年賀状をくださる方もいますよ。私は内科をベースに外科、病理科、皮膚科、小児科なども研修しました。京都府立医大に研修に伺ったこともあります。今のリハビリテーション科の松本孝科長と一緒に虫垂炎の手術をしたこともあります(笑)。そういう時代だったんですね。」

 2004年には病院の近隣に京都民医連太子道診療所が開設される。外来機能を院外に出せたことで、院内の整備が容易になった。一方、在院日数の短縮化も問題となっていたので、5階に回復期リハビリテーション病棟を開設した。現在は60人のリハビリスタッフを擁し、急性期の段階からリハビリテーションがスタートするという認識で治療に当たっている。

 2004年に臨床研修制度が必修化し、救急の充実が求められるようになったため、2006年には救急医療を本格的に開始した。

 「それまでは私どもにもともと通院している患者様を対象にしているだけの救急だったのですが、それを拡充しました。お蔭様で開業医の先生方からも認められるようになりました。私どもは病理医の体制が充実していますので、開業医の先生方とは年に1回、オープンCPCも行っています。」

 2005年には日本医療機能評価機構認定病院、2006年にはISO9001認証を取得したほか、2007年には全国4番目の早さでJCE-P(新医師臨床研修評価に関する研究会、現卒後臨床研修評価機構)評価を受審するなど、評価を高めている。
 2003年には電子カルテを導入し、医療の質の向上に役立てている。

 海外との交流も盛んで、韓国の源進(ウォンジン)職業病管理財団附設である緑色病院と姉妹病院の提携を結んでいる。

 「東レの滋賀工場が韓国に輸出したプラントが二硫化炭素を発生させ、職業病を引き起こしたんですね。日本でもユニチカなどのレーヨン工場で同様の職業病が起き、日韓で連帯した労災認定闘争があったんです。そのときに韓国の医師と交流が始まり、補償金で建てられた病院と姉妹病院になりました。ほかにベトナムや中国との交流もあり、地域に密着した病院なのですが、国際的な側面も大きいと思っています。」

 2010年はハイケアユニットを新設したほか、化学療法外来をスタートさせるなど、新しいチャレンジが続いている。
 京都民医連は現在、6病院、30診療所、17訪問看護ステーション、8保険薬局、高等看護専門学校が加盟し、関西でも有数の医療・福祉団体として、益々の発展が期待される。

2010.12.1.掲載 (C)LinkStaff

バックナンバーはコチラ