プロフィール ※寄稿時点

清水 一雄

お名前 清水 一雄  (しみず かずお)
所属病院 日本医科大学
担当科目 内分泌外科
卒業大学名 日本医科大学
自己紹介 内分泌外科・心臓血管外科・呼吸系外科主任教授 
内分泌外科部長
 
【専門分野】
内分泌外科(甲状腺・副甲状腺・副腎疾患)甲状腺・副甲状腺内視鏡外科、特に露出された頸部に手術創のない甲状腺内視鏡手術は極めて評価が高く、2009年12月現在480例を超え国内で最も多い症例数となっている。内分泌外科疾患に対する治療は内科的治療を優先するが、手術が必要な場合は、その疾患を治すことのみならず内分泌臓器の本来の機能温存を心がけ、低侵襲性、美容上の観点に配慮した手術を行っている。
 
【経歴】
昭和48年 日本医科大学卒業
昭和48年 医師国家試験合格
同年 日本医科大学付属第1病院第2外科入局
昭和53年 日本医科大学大学院修了、医学博士取得
昭和55~57年 米国ノースカロライナ州デューク大学外科留学
平成元年~2年 米国ボストン、ハーバード大学ジョスリンクリニック、セントルイス、ワシントン大学外科へ留学
平成2年 日本医科大学第2外科 講師
平成7年 日本医科大学第1病院から千駄木第2外科へ配置換え
平成8年 日本医科大学第2外科 助教授
平成11年 日本医科大学第2外科 教授
平成15年 日本医科大学外科学第2講座(内分泌外科・心臓血管外科・呼吸器外科)主任教授
平成17年9月~18年3月 国立琉球大学 医学部非常勤講師
平成18年4月 日本医科大学外科学講座(内分泌・心臓血管・呼吸器部門)主任教授
 
【Official referee】
Endocrine Journal 
Surgery Today 
British Journal of Surgery 
Journal of Nippon Medical School 
Endocrine Surgery(内分泌外科)
 
【主な海外活動】
・アジア太平洋内分泌会議理事長(2008年~) 
・アジア内分泌外科学会Secretary treasurer 
・マレーシア国民大学外科客員教授 
・エジプトカイロ大学外科客員教授 
・チェルノブイリ原発後小児甲状腺癌に対する医療支援活動(平成11年~)
--今後も毎年継続 
・国際学会長2回(第6回および第13回アジア太平洋内分泌会議;Asian Pacific Endocrine Conference〔APEC〕)・ホノルル市にて開催 
・平成18年1月8~9日、3回目の国際学会会長としてマレーシア、クアラルンプール市
において同学会を開催 
・多数の国際学会で甲状腺内視鏡の公開手術を施行(インド、マレーシア、サウジア
ラビア、エジプト2回、インドネシア、ベラルーシなど)
 
【所属学会】
日本医科大学医学会、日本外科学会、日本内分泌外科学会、 
日本内分泌学会、日本甲状腺学会、日本臨床外科医学会、 
日本内視鏡外科学会、日本外科系連合学会、日本乳癌学会、 
日本癌学会、日本癌治療学会、日本消化器外科学会、 
日本心血管内分泌代謝学会、日本医学教育学会、 
日本再生医療学会、日本胸部外科学会、 
日本心臓血管外科学会、日本循環器学会 
日本冠動脈外科学会、日本心臓ペーシング・電気生理学会、 
日本胸部外科学会関東甲信越地方会、日本肺癌学会、 
日本呼吸器外科学会、日本小児循環器学会、 
International Society of Surgery(ISS)、 
International Association of Endocrine Surgeons(IAES)、 
American College of Surgeons(ACS)、 
Asian-Pacific Endocrine Conference(APEC)、 
Endoscopic and Laparoscopic Society of Asia(ELSA)(Faculty member)、 
Asian Association of Endocrine Surgeons(AsAES) 
など
 
【おもな著書】
「内分泌外科標準手術アトラス」
「よくわかる甲状腺疾患のすべて」
「甲状腺疾患診療実践マニュアル」
「内視鏡手術の術中管理とトラブルシューティング」
「イラストレイテッド外科標準術式」
 
【日本医科大学のホームページ 】
http://college.nms.ac.jp/

記事一覧

  2010/02/05 チェルノブイリ原発事故被災国にて施行した内視鏡下甲状腺切除術 vol.1
  2010/02/12 チェルノブイリ原発事故被災国にて施行した内視鏡下甲状腺切除術 vol.2
  2010/02/19 チェルノブイリ原発事故被災国にて施行した内視鏡下甲状腺切除術 vol.3
  2010/02/26 チェルノブイリ原発事故被災国にて施行した内視鏡下甲状腺切除術 vol.4