新境地を切り開くクリニック運営 vol.4

・“患者様からの信頼、自分への信頼、それが自信となる”
 美容医療は切らない施術に向かっていましたが、今後は切る施術も確実に増えてくるだろうと考えています。切らない施術は美容医療にアクセスする患者様の窓口を広げました。
 切らない施術は一定の効果がありますが、切る施術の効果には及びません。そのため患者様の要望に答えるためには切る施術が必ず選択枝に上がります。
 美容医療に通っていただいた方の中には手術を選ぶ方が増えてきています。
 自分は形成外科医としてその要望に答える技術と常に磨かなければいけないと考えていますし、手術を行う形成外科医でありたいと思っています。また若い医師として先入観にとらわれない新しい美容医療の構築ができればと考え、初心を忘れず日々努力を重ねていきたいと考えています。
 美容医療の中で働く若い医師が増えてきたこともあり、同世代の美容医療で働く医師たちとの交流も盛んになりました。
 同世代の医師には負けたくないという思いが、自分の努力の糧になっています。
 当院は「信頼される美容医療を提供する」をモットーに診療を行っています。
 この信頼の中には患者様からは勿論のこと、クリニックで働くスタッフ、そして他院の先生方にも信頼されるという意味をこめています。
 美容医療という不確実な要素が多い医療だからこそ信頼を大切にしていきたいと考えています。また「適正価格」での診療もクリニックの大きなテーマとしています。
 当院は業界のプライスリーダーとなり、存在感を表し続けていたいと考えています。

記事一覧

  2007/11/02 新境地を切り開くクリニック運営 vol.1
  2007/11/09 新境地を切り開くクリニック運営 vol.2
  2007/11/16 新境地を切り開くクリニック運営 vol.3
  2007/11/23 新境地を切り開くクリニック運営 vol.4