クリニックの窓教えて、開業医のホント

バックナンバーはコチラ

いなぎ整形外科内科

 東京都稲城市は多摩川右岸に位置し、JR南武線、京王相模原線などで新宿まで30分とアクセス良好ながら、南山と呼ばれる多摩丘陵には豊かな自然が残っている街である。1970年代以降、日本住宅公団(現 独立行政法人都市再生機構)による多摩ニュータウン建設が進んだほか、京王相模原線や小田急多摩線の沿線開発も伴って人口が急増し、2017年現在は9万人を超える人口となっている。古くからナシやブドウの産地であるが、サッカーJリーグの東京ヴェルディのホームタウンの一つとしても知られている。
 いなぎ整形外科内科はJR南武線の稲城長沼駅から徒歩2分、稲城商店街(ペアリーロード)の一角にある。稲城長沼駅は快速停車駅であり、時間帯によっては始発や終点となるなど、利便性が高い。いなぎ整形外科内科はこの地で25年に渡って開業していた高橋整形外科を継承する形で2017年4月に医療法人社団八千代会がいなぎ整形外科内科として開業したクリニックである。10月には日下部浩院長が着任し、専門である小児整形外科を打ち出しつつ、高齢の患者さんのプライマリケアなども含めて、整形外科全般を幅広く診ている。
 今月はいなぎ整形外科内科の日下部浩院長にお話を伺った。

日下部 浩 院長

日下部 浩 院長プロフィール

1966年に東京都台東区で生まれ、練馬区などで育つ。1991年に慶應義塾大学を卒業後、慶応義塾大学病院で研修医となる。慶應義塾大学月が瀬リハビリテーションセンター(現 伊豆慶友病院)、国立栃木病院(現 栃木医療センター)、静岡赤十字病院、浜松リハビリテーションセンター(現 常葉リハビリテーションセンター)に勤務を経て、1996年に国立小児病院(2002年から国立成育医療研究センター病院)整形外科に勤務する。2004年に慶應義塾大学で医学博士号を取得する。2012年にふれあい町田ホスピタルに勤務する。2013年に藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院整形外科(現 藤田保健衛生大学医学部整形外科機能再建学講座)講師に就任する。2016年にUniversity of Iowa Hospitals and Clinicsに留学する。帰国後は引き続き、藤田保健衛生大学医学部整形外科機能再建学講座講師に就任する。2017年10月に東京都稲城市のいなぎ整形外科内科に院長として着任する。


日本整形外科学会専門医、日本小児整形外科学会評議員、日本小児股関節研究会幹事など。日本股関節学会、日本創外固定骨延長学会、米国Ponseti International Associationにも所属する。

開業に至るまで

◆ 医師を目指された経緯をお聞かせください。
 両親は医師ではありませんし、医療関係者がいない家庭で育ちました。高校は慶應義塾大学の附属で、私は水泳部に入っていました。そこに医学部に進んだ先輩方が勧誘にいらしたんです。「来年の東医体で優勝したいから、医学部に来て、水泳部に入ってくれ」と言われたのがきっかけで、医学部に進学することにしました。


◆ 大学時代はどのような学生でしたか。
 先輩に言われた通り、医学部の水泳部に入部しました。私はあまり貢献していないですが、本当にその年の東医体で優勝したんです(笑)。水泳部のほか、美術部にも入っていました。高校時代は写真部にも入っていたので、その延長として美術部で写真を撮っていたんです。また、全塾のテニスサークルにも入っていました。音楽が好きで、友達とバンドをやっていたのですが、これが全塾の部活動に公認していただけたので、軽音楽部として立ち上げました。4つの部活動を掛け持ちしていたので忙しかったですが、そのうち2つが全塾のものでしたので、他学部にも多くの友人を作ることができました。


◆ 大学時代はどんなご趣味をお持ちでしたか。
 写真撮影が好きでしたので、部活動の仲間の写真をよく撮っていました。軽音楽部ではヘビメタやパンク、レゲエなども演奏していましたね。


◆ 専攻を整形外科に決められたのはいつですか。
 国家試験のあと、希望を提出する直前まで迷っていました。外科系がいいなとは思っていて、整形外科のほかは外科、脳神経外科、産婦人科を候補に挙げていたのですが、なかなか決まらなかったんです。国家試験の頃も、私と同じように行き先を決めていない友達と飲みに行っては「どうする」と暗い話をしていました(笑)。整形外科にしたのは手術のジャンルの多さに惹かれたからです。選択肢が豊富であることが良かったですね。


◆ 研修後に国立小児病院に行かれたのですね。
 慶應義塾大学の整形外科ではいわゆる医局人事で、毎年1月に異動する制度があり、1年ごとに色々な病院に勤務します。国立小児病院に行ったのは医師になって6年目のときでしたが、行ってすぐに「これだ」と思いました。大人の整形外科外来には手術が必要な患者さんももちろん来られますが、不定愁訴も少なくなく、医療が必要でない方もいらっしゃいます。しかし、小児は違います。黙っていても悪くなっていくんですね。困っている患者さんに何かできるのではと考えることができるのは小児整形外科の魅力です。それまでにいくつかの病院で大人を診ていたからこそ、分かったことでもあります。また、国立小児病院は研究や学会活動も非常に盛んでした。先生方のアカデミックな姿勢に好印象を受け、私もこのように仕事をしていきたいと思っていました。


◆ ふれあい町田ホスピタルにも勤務されています。
 藤田保健衛生大学に行くことが決まっていたのですが、USMLEを受験したかったので、東京にいる必要があったんです。それで、ふれあい町田ホスピタルにお世話になりました。国立成育医療研究センター病院に長くいましたので、大人を診るのは久しぶりでしたね。療養型の病院ですが、手術も少なくなく、高齢者の外傷や人工関節などの手術を行っていました。ただ、私が成育から来たということが知られてくると、子どもの患者さんが押し寄せてきました(笑)。


◆ それから藤田保健衛生大学に行かれたのですね。
 以前からお声をかけていただいていたのですが、お断りしていたんです。しかし、小児整形外科を立ち上げていいということになったので、立ち上げを目指して移りました。


◆ アメリカに留学された動機はどういったものだったのですか。
 成育で内反足の治療に取り組んでいたのですが、この治療法であるPonseti法を学びたかったからです。藤田保健衛生大学には3年勤務すると留学できるというシステムがあります。アイオワ大学のPonseti先生がこの方法を開発し、引き継いでいるMorcuende先生にも指導を受けていたので、留学するならアイオワ大学だと以前から決めていました。


◆ Ponseti法とはどのようなものですか。
 Ponseti法は1950年代に確立された治療法ですが、1980年代から90年代にかけては日本をはじめ、諸外国でも注目されていませんでした。ところが、2000年代になって、患者さんの保護者の方がサイトで紹介した途端、その有用性がインターネットを通じて全米に広まり、ワールドスタンダードになっていったんです。徳島大学の教授でいらした安井夏生先生により、日本にもほぼディレイなく入ってきました。私は2005年の日本整形外科学会で初めてPonseti法の実技講習を受けました。成育での手術は靭帯を切るような広範囲なもので、侵襲も大きかったのですが、Ponseti法は全く手術しないで治すのに、長期成績が良いことに惹かれました。手術で治らなかった患者さんもPonseti法で治っていくのです。手技にスキルが必要ではありますが、自分の手で治療できることも魅力ですね。


◆ 帰国後は藤田保健衛生大学に戻られたのですね。
 藤田保健衛生大学の第二病院である坂文種報徳會病院に勤務しました。ところが、藤田保健衛生大学では私の全滞在期間4年半でも小児の患者さんが減少していて、Ponseti法の症例は3例にとどまっていました。一方で、高齢の患者さんが多く、外傷などの症例を幅広く診ていました。坂文種報徳會病院は名古屋市内のダウンタウンにあり、地域に密着している病院です。ここで、高齢の方々への対応を学べたのは良かったですね。


◆ 勤務医時代を振り返って、いかがですか。
 成育に10年以上いましたので、小児整形外科を極めていくことができました。しかし、私が成育にいる間、日本は高齢化が進み、整形外科は高齢の患者さんが非常に増加していました。成育を離れてからは高齢の患者さんを多く診てきましたので、小児と成人をバランス良く経験できたと思っています。どちらも診ることができる技能を身につけられたのは有り難かったですね。


開業の契機・理由

◆ 開業の動機をお聞かせください。
 小児と成人を診てきた経験は自信になっていましたし、坂文種報徳會病院では地域に貢献することも学んだので、地域に貢献しながら、スキルを活かしたいと思ったことが動機です。開業医として、より自由に生きたいとも考えました。


◆ 開業地をどのように選ばれたのですか。
 この場所では25年に渡り、高橋整形外科を開業されていたのですが、高橋先生が引退されることになり、その跡を医療法人社団八千代会が継承したのです。私はご紹介を受け、院長として着任しました。その後、私自身での買い取りも可能だというお話もあったことも大きかったですね。


◆ 開業地の第一印象はいかがでしたか。
 駅から近いのに、駐車場が豊富にあるというのが好印象でした。小児整形外科を専門にしている医師は少ないので、坂文種報徳會病院にも東京からいらしている患者さんがいました。ここでも小児整形外科をやっていきたかったので、駅からの近さと駐車場の多さは恵まれていると思いましたね。また、開業されて25年も経っていたのに、しっかりメンテナンスをされており、非常に綺麗だという印象も受けました。


◆ 八千代会では継承にあたり、マーケティングをなさいましたか。
 何もしていません。カルテも高橋整形外科から引き継ぎましたし、患者さんもそれなりにいらしていました。ただ、高橋整形外科の閉院からいなぎ整形外科内科の開業までは1カ月ほど空いてしまったので、少し患者さんが減りました。開業後に私が着任するまでは非常勤医師だけで外来をしており、大変だったようですが、今は高橋整形外科時代の患者さんも戻ってこられたり、新規の方もいらしているので、増患しています。


◆ 開業までに、ご苦労された点はどんなことですか。
 私自身が経営を行っているわけではないので、資金面での融通が利きにくいことでしょうか。今はレントゲンのメンテナンスに苦労しています(笑)。


◆ 医師会には入りましたか。
 これから入会する予定です。こちらの買い取りありきで院長になったわけですから、なるべく早期に入りたいと思っています。


◆ 開業当初はどのようなスタッフ構成でしたか。
 看護師が3人、事務スタッフが5人で、全て非常勤です。また、物療のリハビリをしていますので、そのスタッフが5人います。また、装具士を1人、外部から招いています。これから運動器リハビリテーションの施設基準を取りたいと考えていますので、理学療法士を募集中です。


◆ 医療設備については、いかがでしょうか。
 レントゲンと物療のリハビリ機器ぐらいです。これらはそのまま高橋整形外科から引き継いでいます。小児を診るにあたってはエコーが必須ですので、これから導入予定です。また、電子カルテも導入したいと思っています。


◆ 設計や内装のこだわりについて、お聞かせください。
 高橋整形外科のままで、何も改装していません。使い勝手もいいですね。ただ、処置室だった場所を第二診察室としましたが、もう一部屋あったほうが良さそうです。混雑したり、診察の内容によっては2診体制の方が便利です。


クリニックについて

◆ 診療内容をお聞かせください。
 整形外科と小児整形外科を標榜しています。整形外科は膝、首、腰などの痛み、肩こり、腱鞘炎などの日常的な不調を診ているほか、骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲などの外傷やスポーツ障害も診ています。
 小児の骨折、脱臼、捻挫、打撲、靭帯損傷、切り傷などの外傷に関する治療、股関節疾患、足部疾患、下肢疾患も診ます。
 また、にんにく注射やプラセンタ注射なども行っています。


◆ 再生医療のPRP治療もなさっていますね。
 PRPとはPlatelet Rich Plasmaの略で、多血小板血漿療法のことです。血液中の血小板には組織修復を促進する成長因子やサイトカインなどの分子が多く含まれていますので、患者さんの血液を約10ml採取し、血小板を濃縮した血漿を作り、これを患部に注射します。これらの分子が組織再生や創傷治癒を促進させるので、痛みが軽くなるんですね。最近ではニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手が右肘の靭帯損傷に対して、この治療を行ったことで、一般にも知られるようになってきました。テニス肘やゴルフ肘にも有用だとされています。ほかの自費診療の再生医療としては培養上清液療法を準備中です。


◆ どういった方針のもとで、診療なさっているのですか。
 常に真面目にやっていきたいと思っています。エビデンスに基づいた医療を確実に実行し、一方でできないことには無理に手を出さないことも心がけています。また、技術が必要な診療に対してはきちんと研鑽を積みたいです。


◆ 患者さんの層はいかがですか。
 やはり小児の比率は高く、2割を占めています。高齢者の方も多く、中でも80代の方が目立ちますね。坂文種報徳會病院では90代はもちろん、100歳以上の患者さんもいらしたりしましたが、こちらの方が高齢者の年齢層は低いです。


◆ どのような内容の健診を行っていらっしゃいますか。
 超音波診断装置が入り次第、発育性股関節形成不全の超音波検査による検診を行いたいと考えています。


◆ 病診連携については、いかがですか。
 稲城市立病院をご紹介することがほとんどです。小児に関しては国立成育医療研究センター病院か、東京都立小児総合医療センターですね。


◆ 経営理念をお教えください。
 設備投資を適切にと考えています。何にでも飛びついてしまって、結局は置きっぱなしということがないよう、ニーズや時代に合わせたリニューアルを行っていきたいです。


◆ スタッフ教育はどのようにされていますか。
 小児整形外科は特殊ですので、スタッフへの勉強会は必須です。大学で行っていたような講義を行っており、スタッフに小児整形外科への親近感を持ってほしいと思っています。また、院内では知識と問題点の共有に努めています。朝礼の時間を使って、院内で起きている問題について話し、その進捗状況の「見える化」を行うようにしています。


◆ 増患対策について、どのようなことをなさっていますか。
 まずは前医院時代に入会していなかった医師会に入会することです。また、運動器リハビリテーションの施設基準を取得して、連携医療機関からの運動器リハビリテーション対象の患者さんを受け入れること、少しでも早くこれを実現させていきたいです。
 また、私の専門であるPonseti法はホームページにはあえてまだ載せていません。理由はスタッフの技術研修中だからです。スタッフのスキルが向上して、私どもでPonseti法が可能になれば、しっかり打ち出していくつもりです。


開業に向けてのアドバイス

 今は0円で開業できる時代です。ただし、その形だと自分で経営できるわけではないし、決定権がどの程度、認められるかは難しいところです。しかし、開業のチャンス自体は増えているので、開業に興味がある方はそういったチャンスを活かせることができるといいと思います。

プライベートの過ごし方(開業後)

 東京にいた家族とは長いこと離れ離れだったので、帰宅後は少しでも家族といる時間を作るようにしています。しかし学生時代に組んでいたバンド活動が再開してしまっていて、私はベースなのですが、自宅での空き時間を練習に当てることも多いですね。なかなかうまくなりません。曲が追加されるたびに、また練習だと思うと「はぁ」とため息が出ます(笑)。

タイムスケジュール

タイムスケジュール

クリニック平面図

平面図
いなぎ整形外科内科
  院長 日下部 浩
  住所 〒206-0802
東京都稲城市東長沼453
  医療設備 レントゲン、ウォーターベッド、スーパーライザー、干渉波、SSP、牽引装置など。
  スタッフ 15人(院長、非常勤看護師3人、常勤リハビリスタッフ1人、非常勤リハビリスタッフ4人、外部委託装具士1人、非常勤事務5人)
  物件形態 戸建て
  延べ面積 248.58m²(1階131.94m²、2階116.64m²)
  敷地面積 316.91m²
  開業資金 0円
  外来患者/日の変遷 開業当初80人→3カ月後90人→6カ月後100人→現在120人
  URL http://inagi.strikingly.com/

2017.12.01 掲載 (C)LinkStaff

バックナンバーはコチラ

リンク医療総合研究所